1. トップ
  2. 恋愛
  3. 付き合っていないけど、腕枕をしてくれた彼。その心理とは?

付き合っていないけど、腕枕をしてくれた彼。その心理とは?

  • 2018.8.19
  • 94650 views

恋人ではない彼に腕枕をされたら、どういう意味なのか分からず悩みますよね。そこで今回は、付き合っていないのに腕枕をする彼の心理についてご紹介していきます。

ひと肌恋しかった

腕枕というと、付き合っている男女がするものだと思いますよね。しかし、付き合っていなくても彼が腕枕をしてくれた場合、ただ単にひと肌が恋しかっただけという可能性があります。

この場合、あなたに対して特別な感情はないといえるでしょう。ちょうど寂しかったタイミングであなたが一緒にいたということです。その見分け方は、腕枕をしてきたのに二人の関係について何も話さなかったり、一緒に横になっていても何もしてこなかったりする特徴があります。もし気になるのであれば、彼に自分のことをどう思っているのか聞いてはっきりさせるのがいいでしょう。

あわよくばを狙っていた

腕枕をするということは、どちらかの家かホテルなどで一緒に過ごしているということですよね。友達以上恋人未満の関係なのではないでしょうか。

そんな時の腕枕は、付き合うつもりはないけれど、あわよくばこのまま一緒に寝たりしたいという願望が隠れている可能性があります。

あなたがもし彼と付き合いたいと思っているのなら、早い段階でそのことを伝えるほうがいいでしょう。このまま彼のペースに流されてしまうと、振り回されて悲しい思いをしてしまうかもしれません。彼のあなたに対する言葉と行動が伴っているかどうかをよく見るようにするといいでしょう。

あなたのことが好き

あなたのことが好きな相手なら、二人きりの空間でいい雰囲気になると、腕枕をしてしまうこともあるでしょう。気持ちが抑えきれなくなって、告白よりも先にあなたに腕枕をしてしまったパターンです。

その時の彼の表情をよく思い出してみてください。

緊張している様子だったり、ドクドクという心臓の音は聞こえませんでしたか。腕枕をした後も、よく連絡が来たりデートに誘われたりするのなら、あなたのことが好きな可能性が高いでしょう。もし付き合いたいのなら、きちんとした告白をしてもらったほうがいいですね。二人の関係を曖昧にせず、お付き合いに発展させてから再び腕枕をしてもらいましょう。

お酒に酔っていて記憶がない

腕枕をする前に、彼はお酒を飲んでいませんでしたか。酔っぱらっている状態で腕枕をしていた場合は、そのこと自体忘れている可能性があります。そうなると、彼の中で何の理由もなく腕枕をしたということになります。彼がお酒に弱い人なのかをよく考えて判断してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む