1. トップ
  2. 地方住み必見!玄関の鍵はかけない、牛が道路を横断…“ド田舎あるある”満載アニメ

地方住み必見!玄関の鍵はかけない、牛が道路を横断…“ド田舎あるある”満載アニメ

  • 2018.8.19
  • 1732 views

09年に原作コミックの連載がスタートし、13年と15年に2度のテレビアニメ化がされた人気シリーズ「のんのんびより」。タイトルからもその“ゆるふわ”さが伝わってくるだろうが、それもそのはず。物語の舞台はのどかな原風景が広がる片田舎だ。そんな本作の魅力を、田舎ならではの“あるあるエピソード”と共に紹介したい。

【写真を見る】忙しい毎日を忘れさせてくれる田舎の原風景にほっこり

謎の挨拶「にゃんぱすー」など、独特な感性を持つ宮内れんげ
[c]2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場

豊かな自然や懐かしい遊びに心がほっこり

本作の中心キャラクターとなるのが、「にゃんぱすー」という独特な挨拶でおなじみの小学生1年生の宮内れんげ、5年生の一条蛍、中学生1年生の越谷夏海、夏海の姉で中2の越谷小鞠の4人。物語は東京出身の蛍が、小中併設校「旭丘分校」に転入するところからスタートする。個性的なキャラクターたちのドタバタコメディが展開される一方で、都会育ちの蛍が様々な田舎カルチャーに衝撃を受ける様子も描かれるのだ。

全校生徒は上記の4人に越谷姉妹の兄で中3の卓を含めた5人で、全員が同じクラスで授業を受けている。子どもが少ない田舎では“あるある”の光景と言えよう。そのため、自然と休み時間や放課後を一緒に過ごすことが多く、定規落とし(鉛筆を使って互いの定規を机から落とし合う遊び)やあやとりといった昔懐かしい遊びが登場するほか、山菜を摘んだり、釣りや川遊びをする描写も。豊かな自然はもちろん、幼いころに夢中になった遊びの数々に、思わず懐かしさがこみあげる。

小学生とは思えない大人びた容姿の一条蛍
[c]2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場

コンビニまで片道2時間!時間に縛られない気ままさ

田舎と言えば、交通の不便さを想像するかもしれないが、「のんのんびより」の世界もその例にもれない。バスは5時間に1本、電車は数十分に1本で、道路には「牛横断注意」の標識まで存在する。また、基本的に移動手段としてマイカーが活躍し、近くにスーパーやコンビニがないので、週末にショッピングセンターへ出かけ数週間分の買い物を済ませることが多い。

そんな状況からか、本作に登場する子どもたちは朝マックに憧れたり(午前中にお店に行けないため)、隣町にコンビニができたと聞きつければ片道2時間かけて遊びに行こうとする。さらに、バスや電車を逃しても、それを気にすることもないので、時間に縛られない気ままな生き方が羨ましくなってしまう。

【写真を見る】忙しい毎日を忘れさせてくれる田舎の原風景にほっこり
[c]2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場

マイペースで大らかな田舎独特の気質

本作のキャラクターの多くがマイペースで大らかな性格。特にれんげの姉で分校の先生を務める一穂は授業中に居眠りをしたり、遠足と偽って生徒に田植えを手伝わせるなど、およそ教師らしいとは言えない…。一方、一穂の後輩で駄菓子屋の店長・加賀山楓は、半ば強引に赤ん坊時代のれんげの面倒を見させられるなど、頼まれると断れないお人好しだ。

このような気質は田舎独特の習慣によって作り上げられるのかもしれない。田舎ではご近所のほとんどが顔見知り故か、留守中でも家の鍵をかけなかったり、扉を開けっぱなしにすることがある。劇中でも蛍が家の鍵を持ち歩いていることを、れんげたちが不思議がるシーンが描かれている。さらに、採れたての野菜がそのまま置かれた“無人販売所”なるものがあり、任意でお金を支払うことで野菜を持ち帰ることができるのだ。互いを信頼している、というよりも、疑うことがないからこそ成り立つ関係だと言えるだろう。

福引で当てた旅行券に驚愕する越谷夏海(画像右)と姉の小毬
[c]2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場

そんな田舎育ちの彼女たちが、地元を飛び出し沖縄へ行く『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』が8月25日(土)より公開。劇場版では福引で当てた旅行券をきっかけに、旭丘分校の5人に先生の一穂らの沖縄旅行の模様が描かれる。照りつける真夏の太陽に青い海、生い茂るマングローブなど、沖縄に場所を変えてどのようなスローライフが繰り広げられるのか?ぜひ劇場でその様子を確かめ、日々の喧騒を忘れて癒されていただきたい。

『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』は8月25日(土)より公開
[c]2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場

(Movie Walker・文/トライワークス)

オリジナルサイトで読む