1. トップ
  2. ヘア
  3. ベタつく夏にぴったりの「ヘアケアアイテム」はコレだ!

ベタつく夏にぴったりの「ヘアケアアイテム」はコレだ!

  • 2018.8.19
  • 1519 views

夏のヘア問題どうしてる?

夏のヘア問題どうしてる?
出典:GODMake.

かんかん照りの日が続いたかと思えば、台風の襲来で湿気の多い雨の日が続く。そんな不安定な気候と高気温によって、髪の毛がゴワゴワ、頭皮がベタベタすることってありますよね。ベタつく夏におすすめの、さっぱり爽やかなヘアケアをご紹介します。

汗・皮脂は髪の毛を守ってくれる!

汗・皮脂は髪の毛を守ってくれる!
出典:GODMake.

実は、頭皮は体の中で一番皮脂分泌が多いところ。頭皮にも肌と同じように、外的ストレスから肌を守る「皮脂膜」があります。皮脂膜は天然の保湿成分の役目を果たしていて、乾燥しないようにうるおいを保っています。皮脂膜は、汗・皮脂・垢でできています。頭皮にとって、ある程度の汗や皮脂分泌は必要なんです。

夏の汗や皮脂分泌が髪の毛に与える影響とは?

夏の汗や皮脂分泌が髪の毛に与える影響とは?
出典:GODMake.

夏と冬では皮脂の分泌量が変わらないのに、なぜ夏だけベタつくのでしょうか?それは、紫外線を浴びることで皮脂が酸化してしまうことにあります。汗で流されて酸化した皮脂が毛穴につまって、皮脂汚れとして蓄積され、頭皮がベタついてしまいます。

ボリュームが出しにくい!

毛穴のつまりによって、髪の毛が根元から立ちにくくなって、ボリュームが出にくいペタッとしたスタイリングになります。毛穴がつまった状態で放置すると、髪の毛の新陳代謝がうまく行われなくなって髪の毛が細く弱くなってしまいます。

フケ・かゆみ・ニオイ

毛穴につまった皮脂汚れが外気のホコリや雑菌と混じり合うことで、頭皮が痒くなったりいやなニオイが発生してしまいます。また、夏はエアコンをガンガンかけているため、頭皮が乾燥しがち。頭皮が乾燥すると皮脂汚れが乾燥してむけてしまい、フケとなります。

夏にマストでしたいヘアケア!

夏にマストでしたいヘアケア
出典:GODMake.

汗や皮脂の分泌が増える夏。夏特有の頭皮のベタつきや髪の毛のパサつきを抑えるためのヘアケアをご紹介します。頭皮をさっぱりさせることで、ツヤとコシのある髪の毛が叶いますよ。

頭皮さっぱり!「ヘッドスパ」

しっかりとスカルプケアをしてスッキリしたい方は、プロにお任せする「ヘッドスパ」がおすすめ。ヘアサロンでは、頭皮環境や髪の毛の健康を考えて、その人にぴったりの手法やアイテムを使ったクレンジングをしてくれます。

自宅でできる「スカルプケア」

ヘッドスパは毎日できることではないので、自宅でのスカルプケアが大切になります。スカルプケアをすることで毛穴の汚れを浮き上がらせて、頭皮環境をスッキリ整え、髪の毛もツヤっとしますよ。

くしでほぐす

シャンプー前の乾いた状態の髪の毛をくしでとかすことで、からまった髪の毛をほどき、シャンプーやトリートメントが浸透しやすくなりますよ。

「ラッシュ 現実頭皮」でスカルプヘアパック

ラッシュの「現実頭皮」で現実逃避のバスタイムを。髪の毛が乾いた状態で、頭皮をマッサージしながら塗り込みます。しばらく時間を置くと、フレッシュミントやペパーミントによって頭皮にスーッとひんやり爽快感が広がります。

「ネトル」が頭皮のコンディションを整えて、ハリとツヤのある髪の毛に。頭皮脂によるベタベタが嘘のようにスッキリして、翌朝も髪の毛がしっかりと立ち上がり、スタイリングがしやすいんです。

シャンプー前の予洗いを丁寧に

シャンプーの前に髪の毛全体をぬるま湯でしっかり予洗いすることが大切です。5分ほどかけて頭皮をしっかり揉みほぐしながら予洗いをしましょう。そうすることで頭皮の汚れが取れて、髪の毛が健康に。シャンプーの泡立ちも良くなりますよ。

もこもこシャンプーで頭皮ケア

シャンプーはもこもこに泡立てることで頭皮のクレンジング効果が高まります。しっかりと手のひらで泡立ててからつけるか、後頭部の髪の毛でもこもこの泡をつくった後に、頭皮に泡を行きわたらせてマッサージしながら洗いましょう。

夏におすすめ爽快シャンプー

ルメント スパークリングオイル クレンジング&シャンプー
3日に1度程度、自宅で簡単にできる高濃度炭酸オイルヘッドスパです。もっちりとしたテクスチャーの泡で、つけ心地も気持ちのいいシャンプーです。つけた瞬間から「クロエ」に似たいい香りがずっと続きます。デートの前日など、香りを持続させたいときにおすすめです。

ラッシュ ビッグ

ラッシュジャパンさん(@lushjapan)がシェアした投稿

ツブツブした大粒のシーソルトでする頭皮マッサージが気持ちいいシャンプー。海藻とシーソルトが汚れをしっかりと落として髪にツヤとコシを与えます。甘くて爽やかな香りが長時間持続します。

トリートメントは毛先のみに

トリートメントは地肌につかないように、毛先のみにつけるようにしましょう。頭皮にベッタリついてしまうと毛穴汚れの原因になります。夏は特に気をつけたいポイントです。

ドライヤーで頭皮をしっかり乾かす

お風呂から上がったら時間が経たないうちにドライヤーで乾かします。頭皮に風が当たるようにして、根元を立ち上げながら乾かしましょう。アウトバストリートメントも毛先につけて。

さっぱりした夏の頭皮を目指そう!

さっぱりした夏の頭皮を目指そう
出典:GODMake.

ギトギトした頭皮は自分でも嫌な気持ちになりますし、人から見ても嫌な印象になります。日々のヘアケアを怠らず、さっぱりとした夏の頭皮を目指しましょう!

オリジナルサイトで読む