1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 名湯“金泉”と足湯を楽しむ!有馬温泉「金の湯」

名湯“金泉”と足湯を楽しむ!有馬温泉「金の湯」

  • 2018.8.17
  • 2595 views

日本で古くより親しまれてきた三代古泉の一つである有馬温泉は、毎年のように多くの観光客が訪れているスポット。有馬温泉の名湯“金泉”を堪能できる温泉施設「金の湯」をご紹介します。日帰りで利用できるので、ぜひ気軽に足を運んでみてくださいね。

有馬温泉を堪能できる「金の湯」

有馬温泉で湯めぐり

兵庫神戸にある有馬温泉は日本有数の温泉地です。「金の湯」では有馬温泉の特徴である“金泉”を堪能できます。「金の湯」のほかにも温泉スポットが建ち並ぶ有馬温泉で、湯めぐりを楽しんでくださいね。

子どもから大人まで楽しめる有馬温泉「金の湯」

有馬温泉「金の湯」は、神鉄有馬線「有馬温泉駅」より徒歩圏内。お散歩しながら「金の湯」を目指してみて。8:00~22:00(最終入館は21:30)まで営業しているので、旅行の途中や観光のシメに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

光秀も訪れた歴史ある名湯!有馬温泉「金の湯」

日本三古泉の一つ

神戸にある有馬温泉は、愛媛の“道後温泉”と和歌山の“白浜温泉”と合わせて「日本三泉」といわれています。「金の湯」「銀の湯」と古くから愛される温泉を堪能してくださいね。

光秀が訪れた名湯

有馬温泉は、戦国時代の天下人であり太閤の「豊臣秀吉」が訪れた名湯として知られています。湯治のために足を運んだ秀吉が、茶人・千利休らと共に盛大な茶会を催したことで、世に広く知られるようになりました。

江戸時代になる頃には、全国屈指の湯治場として人気を確立。”有馬千軒(ありませんげん)”と呼ばれるほど多くの方が訪れた人気の温泉地です。

"金泉"を気軽に楽しめる

有馬温泉の名湯“金泉”を気軽に楽しめる場所として生まれた「金の湯」。瓢箪(ひょうたん)が馬印だった秀吉をイメージして、館内のところどころに瓢箪のモチーフが取り入れられています。秀吉が愛した“金泉”をぜひ体験してください。

有馬温泉「金の湯」のお風呂を満喫!

有馬の伝統工芸に思いを馳せる「一の湯」

「金の湯」の内風呂「一の湯」は、有馬温泉の伝統工芸“有馬籠・有馬人形筆”などを作るときに欠かせない「竹」をイメージしてつくられた浴室です。

かけ流しに加えて、ちょうど良い温度になるよう調整されています。肩まで浸かればじっくりと身体がほぐれていくのがわかるでしょう。

紅葉を感じながら浸かる「二の湯」

「一の湯」の隣にある「二の湯」は、秋になると紅葉が咲き誇り人気のスポットとなる「瑞宝寺公園」をイメージしてつくられました。温泉に浸かりながらのんびりとした時間を過ごしてくださいね。

地元の方からも人気の「太閤の足湯」

「金の湯」のすぐ隣には、無料で利用できる「太閤の足湯」があります。地元の方もよく訪れているそうで、15分ほど浸かるだけで全身が温まると評判です。ベンチがあるので快適に楽しめます。

濃いオレンジ色をした“金泉”が特徴

「金の湯」最大の魅力は、濃いオレンジ色をした”金泉”(含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉)。塩分が肌につくことで保温効果が高まるそう。冷え性・腰痛・筋肉痛・関節痛などに良いとされています。

また、湿疹などの皮膚疾患にも効果を発揮するとのこと。施設内には、44℃のあつ湯と42℃のぬる湯があります。お好みの温度で入浴できるのもうれしいポイントです。

友人・恋人・家族で訪れたい有馬温泉「金の湯」

老若男女に愛される

有馬温泉「金の湯」には、幅広い客層の人々が訪れています。居心地の良さはもちろん、日帰り入浴ができる手軽さも人気の秘密でしょう。ファミリーやカップル、女子グループなどで訪れる姿も多く見られます。

手ぶらで気軽に訪れて!「金の湯」のアメニティ

浴室にはリンスインシャンプー、ボディソープが設置されています。タオル類・カミソリ・ハブラシなどのアメニティも販売しているので、急に温泉に入りたくなったときも、気軽に利用できます。

有馬温泉「金の湯」をお得に楽しむ方法

2館券(金の湯・銀の湯)

有馬温泉には「金の湯」と対になった施設「銀の湯」もあります。両方に入浴できる2館券(850円)は、それぞれで入浴料を支払うよりお得。施設の特徴や泉質も異なるので、一日で複数の温泉を満喫したい方におすすめです。

2館券と史料館(太閤の湯殿館)

徒歩圏内にある史料館「太閤の湯殿館」の入場料がセットになった共通券(1,000円)もあります。史料館は点検と整備のため休館中(2018年8月4日現在)とのことなので、再開したときはぜひ利用してみてください。

有馬温泉「金の湯」でのんびりした休日を満喫して

有馬温泉「金の湯」は、スケジュールをしっかり決めたおでかけはもちろん、一日だけ休暇が取れたときにも気軽に立ち寄れるスポットです。忙しい日常から離れて、歴史ある温泉地でのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポット情報

  • スポット名:金の湯
  • 住所:神戸市北区有馬町1019
  • 電話番号:078-903-5554
オリジナルサイトで読む