1. トップ
  2. ダイエット
  3. お母さんも一緒に!夏休みの風物詩「ラジオ体操」続けると嬉しい効果!

お母さんも一緒に!夏休みの風物詩「ラジオ体操」続けると嬉しい効果!

  • 2018.8.17
  • 4326 views

夏休みといえばラジオ体操を思い浮かべる方も多いでしょう。ママ達も子どもの頃に通ったのではないでしょうか。最近では子どもだけではなく大人にも広まっているというラジオ体操。開催が縮小されているという事情もあるようですが、どんな良い効果があるのでしょうか。

・ラジオ体操の放送

ラジオ体操は様々な団体が主催しています。NPO法人全国ラジオ体操連盟や学校・教育委員会、子ども会、町内会、郵便局など。こういった団体以外にも、自主的に小規模で活動を行っているケースもあります。

「ラジオ体操」というだけあり、ラジオで放送されています。NHKのラジオ第一では6:30から、第二では12:00から共に10分間。第二では再放送も8:40、15:00に行っています。

またテレビでの放送もあり、ラジオ体操第一、第二どちらかは毎日放送があります。

・現在のラジオ体操事情

昔は全国のあらゆる地域で夏休み中はほぼ毎日行われていたラジオ体操ですが、現在では縮小傾向にあります。

原因としては、以前は学校や自治会などが運営していたものが地域の子ども会が主体となるところが増え、保護者の負担が増えたこと。更にその保護者が共働きであることが増えたことなどがあります。また、早朝に行うために騒音になるという苦情が増加しています。昔より、ラジオ体操を行うことができる広場などの減少も理由の1つでしょう。

ラジオ体操を行う場合でも、期間を限定して行うというところも増えています。

・ラジオ体操の効果

「いつでも、どこでも、誰でも」できる体操として高齢者を含む大人にも見直されているラジオ体操ですが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

(1) 早起きで規則正しい生活習慣を作れる

今は再放送などで色々な時間帯に放送を聞くことができますが、元々は早朝に放送されていたラジオ体操。朝に行う理由は、体の覚醒効果が得られるということです。人は朝起きてから通常の状態になるまでに約3時間かかると言われていますが、その時間を短くするためには軽めの体操や散歩などで身体を動かすことが最適と言われています。

体を動かし神経や血液の循環を活発にすることで、覚醒までの時間が短くなり1日を有意義に過ごせるのです。

(2) 1日の準備運動に最適

ラジオ体操が普及した理由として、全身運動として大変よく考えて作られた内容ということが挙げられます。体のストレッチや1日の準備運動につながり心身ともに健やかになります。

効果的に運動をするコツは、自然な呼吸を継続しながら前進を大きくゆっくり動かします。そうすることで代謝を促進し脂肪燃焼も促してくれるので、効果をより高めることができます。

(3) 姿勢がよくなって筋力がつく

ラジオ体操第一をしっかりやると、筋肉全体の7割~7割5分が動かされることが分かっています。全身の筋肉が動かされることで体幹が鍛えられます。当然1回行うだけで効果は出ませんが、習慣にすることで代謝がよくなり健康維持、健康増進、体力向上へとつながります。

(4) 子どもの社交性を育む

自宅でも行えるラジオ体操ですが、夏休みに子どもが行う場合には団体が主催しているところで皆で一緒に行うことが多いと思います。子ども同士はもちろんのこと、地域の人々との交流が期待できます。挨拶しあったり会話をしたりと、社交性を育むよい機会になるでしょう。

更に、参加するとカードにスタンプを押してもらえ貯めると景品がもらえるという場合が多く、子どもにとっては嬉しく達成感を感じることもできます。それを楽しみに通う子どもも多いのではないでしょうか。

私は住まいがマンションで、ラジオ体操はマンション内で開催されています。期間は夏休み開始の1週間と、最後の1週間のみとなっています。開催する側も大変かとは思いますがやはり寂しい感じもします。

そんな時代の流れの中でも、スタンプを貯めたカードを取っておくと秋に行われるマンションのお祭りでプレゼントがもらえるなど、子どもが通いたくなる工夫もしてくれています。

開催が少なくなろうとも、全身運動としてとても効果の高いラジオ体操は子どものみならず大人も続けたい良い習慣です。夏休みに実践するのをきっかけに、親子で自宅でも取り組んでみてはいかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む