1. トップ
  2. 恋愛
  3. 次に進むため…別れたあと「友だちに戻ってはいけない」理由

次に進むため…別れたあと「友だちに戻ってはいけない」理由

  • 2018.8.16
  • 21901 views

別れ際「友だちに戻ろう」なんていう会話がかわされることがあります。

すると、フラれたほうは、まだ近くにいられる……と可能性を感じてしまうかもしれません。

果たしてその状況を喜んでいいんでしょうか?

女子たちの意見を交えながら“別れたあと友だちに戻ってはいけない理由”についてご紹介しましょう。

友だち

新しい恋に進めない

別れてすぐは、どうしても相手に対して未練が残ってしまうもの。それが会わなくなってきて、時間の経過とともに薄らいできます。

でも、別れてからも近くにいたらどうでしょう。未練は残りっぱなし。むしろ「ヨリを戻せるかもしれない」と可能性を感じてしまう女子がほとんどです。

すると、新しい出会いがあっても、素直にそっちには進めない。とまどうことで、みすみす恋のチャンスを逃すことになります。

カラダのみの関係になる

友だちなら二人で会うこともあるでしょう。そのとき「友だちだから平気」という感覚で受け入れます。いや、自分のなかでそう言い訳をして、会うというのが正しいかもしれません。

でも、二人で会うとどうしても付き合っていた当時の感覚に戻ります。ふと、男のほうがカラダを求めてくることがある。そこで、拒むことができるでしょうか? かなり難しいでしょう。

そして、付き合っていないのにカラダの関係になってしまう。一度きりと思いつつ、ズルズルと続き「曖昧な関係になってしまった」と嘆く女性は多いです。

二度目の失恋を味わう

友だちの関係でいるということは、別れた彼の近況もすぐに耳に入ってくる状態です。「元カレに新しく好きな人ができた」という情報も飛び込んで来るかもしれません。

そして、デートして、告白して、付き合った……といちいち報告が入ってくる。もしまだ元カレに思いが残っていたら、そんな苦しいことはないでしょう。

まさに生き地獄です。

同じ相手に二度フラれたような状況になり「また辛い思いをした……」と語る女性も多いので、やはり考えものです。

彼氏ができたとき説明しにくい

別れたあと、もしかしたらあなたのほうにいい出会いがあるかもしれません。そして、その男性と付き合うことになったとしましょう。

そのとき、元カレの存在をどう説明しましょう。「友だちとして仲良くしている元カレです」と説明できるでしょうか。

たとえできたとしても、事情を知れば新しい彼のほうもいい気はしないでしょう。

元カレに「そういうことだから友だちやめましょう」なんていう話も通用しません。

やはり別れたら、いったんは離れるのがベストです。

おわりに

いかがでしたか?

別れ際の男性からの「友だちに戻ろう」というセリフは、とりあえずこの場を丸く収めたい……という意思からの提案にすぎません。

まだヨリを戻せる可能性がある……として譲歩するのは、得策とは言えないでしょうね。

もし戻るとしても、週に何度も会わない、等の線引きはした方がよさそうです。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む