1. トップ
  2. まだ見てないの?!イケメン祭りのおすすめ韓国ドラマ4選

まだ見てないの?!イケメン祭りのおすすめ韓国ドラマ4選

  • 2018.8.16
  • 44138 views

「いいことないかな~」が口癖の方におすすめしたい、簡単に現実逃避できてあっという間に時間が経つ、韓ドラ鑑賞。はっきり言って、ヤケ酒するより効果抜群なので、嫌なことがあった日こそ見るべきです。2週間で80時間観まくった編集Sがおすすめする4作をご紹介します!

「あなたが眠っている間に」

予知夢が見られるという特殊設定はあるものの、「明快な職業ドラマ」としても見ることのできる作品。ホンジュ役のペ・スジが可愛らしいのはもちろん、舞台はジェチャンが働く法廷(彼の職業は検事)。回を重ねるにつれ、頼りなくナルシストだったジェチャンが仕事でも成長していき、思わず応援している自分に気が付くはず。何度もピンチに出会いつつも前向きに乗り越えていくのを見ていると、明日からまた私も頑張ろう…なんて思わされているかも。主人公2人だけでなく脇役にもクスッとさせられる作品で、個人的には同じ検事チームの先輩たちもキャラが濃く、私はミン・ソンウクが八嶋智人さんを彷彿とさせてすっかりファンに♥ ちなみにイチ押しイケメンは警察官ハン・ウタク役のチョン・ヘイン!塩顔男子で大好物♥

【あらすじ】夢で未来に起きることが見える主人公・ホンジュはある日、夢の中で見た一人の男性が向かいの家に引っ越してきた人(=ジェチャン)だと気が付く。

Blu-ray SET1、DVD SET1(ともに10月2日リリース)Blu-ray SET2、DVD SET2(ともに11月2日リリース)Blu-ray各¥18,200、DVD各¥16,200(※レンタルDVD同時リリース)発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメントⒸ2017. iHQ all rights reserved.※10月2日よりU-NEXTにて独占先行配信開始

「トッケビ~君がくれた愛しい日々」

癒されポイントは(1)イケメン俳優が扮するちょっとお茶目なキャラクター(2)気が付くと涙しているBGM。私は死神役のイ・ドンウクがお気に入りで、トッケビを演じるコン・ユとの絡みが最高に可愛い♥ イケメン2人がカッコつける演出を各回用意しているにもかかわらず、その手には葱が握られていたりと、まさかのつっこみどころ満載。EXOのメンバーも参加した豪華なBGMも最高で、音楽だけの特番も放送されたほど(オープニングもシックで、ここの音楽もまたいい)。JJ世代的に主演のコン・ユは年上すぎると思いきや、気が付くと歳の差なんて気にならなくなっているので、要注意(笑)。

【あらすじ】高麗時代、武臣だったキム・シンは、神の力によって“不滅の命”を生きるトッケビとなる。900年以上の時を経たある日、彼を永遠の命から解き放つことのできるただ一人の存在、“トッケビの花嫁”を名乗る女子高生ウンタクが現れる。

Blu-ray1 & 2各¥18,000、DVDBOX1& 2各¥16,000 発売元:コンテンツセブン 販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメントⒸSTUDIO DRAGON CORPORATION

「王は愛する」

少女時代のユナが演じるヒロイン・サンが2人の男性の間で揺れる、これこそ恋愛ドラマ! 孤独に育った主人公が「人を愛すること」を学んでいく作品というだけあって、キュンキュン、ハラハラ、イライラがきれ〜いに盛り込まれています。イケメン2人に同時に愛されるサンを見ていると、男性を虜にするモテ女ってこういう風にすればいいのね、と学ぶ20話に(笑)。私はウォン派!

【あらすじ】次の王・ウォンは実の父親から嫌われ、唯一の味方は親友リン。幼い頃王宮の外に出かけた二人は高麗一の商人の妻が殺害されるところを目撃。娘であるサンと7年後、再会する。

毎週火・水曜DATVにて10:00~11:15放送中。9月15日より毎週土曜10:00~15:00 4話連続放送予定ⒸU-story9

「優しい男」

iKONのJAYさんおすすめの本作は、一言でいうとみんなの好物、ドロドロ系(笑)。とにかく次が気になって、嫌なことがあっても気が付くと忘れているほど。色んな登場人物の裏切り方がひどくて、いじめられる方に感情移入して泣けてしまいます。あとは何といっても主人公マルを演じるソン・ジュンギがカッコよすぎる! 悪い男になってしまったはずなのに爽やかで、応援してしまいます。

【あらすじ】年上の恋人ジェヒに裏切られた主人公マルは、復讐するためにジェヒが結婚した財閥会長の娘・ウンギに近づく。そうとは知らないウンギはマルに惹かれ始め…。

コンパクトDVD-BOX¥5,000発売・販売元:ポニーキャニオン価格:Licensed by KBS Media Ltd.Ⓒ2012 KBS. All Rights Reserved

(掲載の情報はJJ9月号のものです)

オリジナルサイトで読む