1. トップ
  2. 「拝み屋怪談」主演・藤田富インタビュー「“頑張る”に取り憑かれているんですよね、僕」

「拝み屋怪談」主演・藤田富インタビュー「“頑張る”に取り憑かれているんですよね、僕」

  • 2018.8.15
  • 389 views
「拝み屋怪談」主演の藤田富
撮影=高橋慶佑/ヘア&メイク=樋口あきな/スタイリング=椎名倉平/衣装協力=Children of the discordance(シャツ)、HARIM(シルバーブレス)、Dr.Martens(シューズ)

【写真を見る】超絶イケメンに見つめられてドキドキ! 藤田富グラビア写真

郷内心瞳が、郷里・宮城県で“拝み屋”という仕事を営むかたわら見聞きした実話の怪異体験を書き上げた文庫「拝み屋怪談」。同シリーズがひかりTV・dTV チャンネルにて連続ドラマ化され、8月11日より配信スタート。主人公・郷内心瞳役として主演を務めるのはモデル・俳優の藤田富。「仮面ライダーアマゾンズ」に続く主演2作目となる本作で、拝み屋役に挑戦した藤田に、作品の魅力や役者の仕事への思いについて聞いた。

――撮影お疲れさまでした。クランクアップされた今の気持ちを教えてください。

正直大変でした。自分の出番の時は一日中撮影で、感情が盛り上がるシーンが多くて。初めてこんなに感情が常に乗っている現場にいました。でも、それを切らせなかったことによって、重要なシーンもできたのかなと思います。とにかく終わって満足しました。達成感というか。

――2度目の主演ということでどんな意気込みで臨まれましたか?

気合いを入れて、完璧にこなそうと思っていました。でも、徐々に体力的にも精神的にも自分が追い込まれていって。とにかく今出来る事をやろうって思ってやっていたら、いつの間にかやり終えることができたという感じでした。

――演じる上で苦労したところはありましたか?

霊が出てくるシーンは、後からCGを合成するので、何が見えるのか想像しなきゃいけなくて、架空のものに対しての表現というのが初めてだったのですごく難しかったです。

――役作りの面で大変だったことは?

最初台本をもらったときは、1話完結のオムニバス形式だと思っていたので、“淡々と依頼をこなす郷内さん”ってイメージだったんです。でも、しっかりオムニバスの中でもつながるものはつながっていて、12話の中で完結するようにストーリーが作られていることが分かって。後半からは自分との戦いみたいなものが始まったんです。僕が最初に想像していた郷内と、後半の徐々に壊れていく郷内が同じ人間だと思われなきゃいけないので切り換えというか、役を一貫させるのが難しかったです。

――なるほど。主人公“郷内”の魅力ってどんなところだと思いますか?

霊を払ったりする人って、霊を怖がったりしないものだと勝手に思っていたんですけど、郷内さんの場合、12話を通して恐怖と戦っていて。拝み屋でも、感情が爆発することがあるっていうのが、郷内さんの魅力なのかなと。人間らしいというか、それが現れた作品なのかなと思っています。

――KADOKAWAのホラー作品だと、貞子とか伽椰子とか、Jホラーの有名なキャラクターがいますが、郷内さんだったら祓えそうですか?

僕が演じる郷内さんだと、貞子はまず無理です(笑)。幼少期に貞子を観て震え上がって、トラウマみたいになって。井戸っていうワードも聞きたくないくらいです(笑)。

――では、他のホラー作品とくらべてここは負けないというところを教えてください。

4Kで撮られた作品ということもありますし、あと、リアルな人間の怨念とかを表現していて、本当にこの世の中に存在しそうな、リアルなホラー作品というか。自分の事のように共感できるリアルさが一番の売りだと思います。ふとしたときに、あれ、霊の仕業なんじゃないかな?って思うくらいの感覚が持てるんじゃないかって思っています。

――「生者も死者も分け隔てなく、悩みを祓い、無念を晴らし、始末をするのが拝み屋の役目である」とあるんですが、藤田さん自身が祓いたい悩みはありますか?

悩み…なんだろうな。なんか、人生に悩んでいて…。

「拝み屋怪談」主演の藤田富
撮影=高橋慶佑/ヘア&メイク=樋口あきな/スタイリング=椎名倉平/衣装協力=Children of the discordance(シャツ)、HARIM(シルバーブレス)、Dr.Martens(シューズ)

――人生に悩みですか。

頑張っていたらなんとかなるって思って頑張っているんですけど、これっていつまで続くんだろうかとふと思ったりして。だからといって、頑張りを止めた時が一番不安で。どうやって頑張るモチベーションを保てばいいのかっていう悩みを祓ってほしいです。頑張るに取り憑かれてるんですよね、僕。とにかく頑張ればいいと。

――世間から見ると、ヒーロー役を演じたり、モデルとしても活躍されたりと、藤田さんは憧れの存在でそんな悩みとは無縁かと思っていましたが、苦労されているんですね。

とにかく頑張らなきゃ不安というのが、自分の今の性格で。

――では、晴らしたい無念は何かありますか。

いっぱいありますね。うーん。後悔があってこその今があるんですけど。小学校受験、中学校受験、そして中高一貫校で大学受験とやってきて、今まで受験に一回も成功したことがないというか、第一希望に受かったことがなくて。その理由を考えた時に、毎回最後の頑張りが足りなかったんです。最後の最後、まあいいやって思っちゃうんですよ。それを晴らしたいですね。まあいいやと思うなって。

――それもあって今頑張るに取り憑かれているのでしょうか?

そうかもしれないです。受験の時は、素直に頑張れなかった自分がいたりして。でも、(役者として活動する)今は好きなことだから頑張ることができています。

――今後どんな活動をしていきたいですか?

僕は求めてくださればなんでもやりたいので、どんなことも挑戦していきたいです。やっぱり芝居が一番好きなので、芝居中心の生活をしていきたいです。

――役者の仕事のどこに魅力を感じているからですか?

もともと僕、人に全く興味がなかったんですよ。20歳過ぎくらいまで。数字とかリアルに見えるものしか興味がなくて、嫌なヤツだったんですけど(笑)。でも、役者を始めてから人を観察したりとか、人と話したりするのが好きになって。関わっていくうちにいろんなタイプの人がいて、いろんな考え方があるというのを知って。その役を知ること、その人を知ることから、いつも芝居が始まるので。だからいろんな人を知ることでそれを役に生かすことも好きになりました。

――俳優という仕事を通して、人としても成長できたということですか?

そうだと思います。

――ありがとうございました。最後に俳優としての目標を教えてください。

目標の俳優は、賀来賢人さん。賀来さんのような、どんな役でも演じこなせる役者を目指しています。あと、作品にたくさん出て、一人でも多くの人に、藤田富、知ってるよ!って言われるようになりたいですね。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む