1. トップ
  2. グルメ
  3. おいしさじんわり!福岡・西区エリアおすすめパン屋さん3軒

おいしさじんわり!福岡・西区エリアおすすめパン屋さん3軒

  • 2018.8.15
  • 15148 views

優しい味わいのパンが食べたくなったら福岡・西区エリアへ。手ごねで体に優しい素材のパン、しっとりした柔らかい生地が自慢のパンや天然酵母を用いた長時間発酵など、製法にもこだわっている。素材と小麦の旨味をじっくりと楽しもう。

【写真を見る】「ヒッポー製パン所」。心地よい空間に約25種類のパンが並ぶ。イートインとコーヒーサービス(350円)もあるので、その場で食べるのもおすすめだ

毎日少しずつ、丁寧に心を込めて手作り「空のパン」

「空のパン」は店舗での営業は第3月曜日のみ。売り切れ次第終了なので早めの来店を
KADOKAWA

「空のパン」の手ごねで作られた天然酵母パンは、主にネット販売。人気はクチコミで広がり、カフェや雑貨店に卸しを始め、今は月1回、店主・わたなべさんの自宅に併設する工房で販売する。

「空のパン」の「黒糖パン」(2個入り220円)。沖縄の黒砂糖を使用した甘さ控えめのパン。ほんのり優しい味わいだ
KADOKAWA
「空のパン」の「食パン」(半斤380円)。小麦本来の味が感じられる。そのままでも、トーストにしてもおいしい
KADOKAWA

「いろんな人に食べてもらいたいから、必要最低限の素材だけで作ります」と語るように、卵・乳製品は加えず、玄米や黒糖、ライ麦など体に優しい素材を使用。約12種類のパンのなかには、「常連客にも喜んでほしい」と、新作の季節パンが毎月5種類登場する。

[空のパン]福岡県福岡市西区泉3-6-28 / 092-807-7352 / 12:00~売切れ次第終了 / 第3土曜のみ営業

唯一無二のしっとり&柔らか生地で勝負「パン工房Nohmi」

「パン工房Nohmi」には福岡県外からも多くの客が訪れる。店主は企業から依頼を受けて講師を務めることもある
KADOKAWA

住宅街の奥にたたずむ民家風のベーカリー「パン工房Nohmi(ノーミ)」。“ここでしか味わえないパン”を求めて、地元民はもちろん、福岡県外からも多くの客が訪れる人気店だ。

「パン工房Nohmi」の「黒あんパン」(205円)。もっちり感を重視して作った生地で、「北海道産特級大納言」と「特和三盆糖」で作る特製あんを包む
KADOKAWA

福岡県産小麦をはじめ、北海道産発酵バターや国産きび砂糖などすべての材料にこだわり、しっとりとした口溶けやモッチリした食感のパンを作る。朝7:00の開店時は、「黒あんパン」をはじめとする菓子パン系・調理パン類を中心に20種類以上のメニューがそろうのも魅力だ。

[パン工房Nohmi]福岡県福岡市西区石丸3-12-1 / 092-210-4600 / 7:00〜売切れ次第終了 / 火曜休み

ゆっくりと時間をかけて味わいたい「ヒッポー製パン所」

「ヒッポー製パン所」。「パンが苦手な人や子供たちにもウマいと言ってもらえる品を作りたい」と店主の安元さん
KADOKAWA

「ヒッポー製パン所」の店主・安元信一郎さんが作るのは、天然酵母を使い長時間発酵させたパン。じっくり時間をかけた分、劣化が遅く、おいしさが長持ちする。

【写真を見る】「ヒッポー製パン所」。心地よい空間に約25種類のパンが並ぶ。イートインとコーヒーサービス(350円)もあるので、その場で食べるのもおすすめだ
KADOKAWA
「ヒッポー製パン所」の「食パン」(300円)。写真は、厚切り6枚切り。独自の“ヒッポーカット”で厚切りの4㎝にカット!
KADOKAWA

売り切れ続出のパンは、10:00ごろに行けば分厚くカットした食パンなど約25種類のパンが続々と焼き上がり、豊富な種類のなかから選べる。芳醇な香りが漂う心地よい空間には、イートインスペースとして4席の小さなカウンターを用意。焼きたてのパンを、コーヒーとともに、その場で味わってみるのもいい。

[ヒッポー製パン]所福岡県福岡市西区今宿駅前1-11-8 / 092-985-1926 / 7:00〜17:00※売切れ次第終了 / 火曜・第3月曜休み(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

オリジナルサイトで読む