1. トップ
  2. メイク
  3. まばゆい輝きと色にクギづけ♡ヴィセの激売れアイメイク【村瀬紗英がお試し】

まばゆい輝きと色にクギづけ♡ヴィセの激売れアイメイク【村瀬紗英がお試し】

  • 2018.8.15
  • 25110 views

おしゃれLOVE、メイクもLOVEな村瀬紗英が、

雌ガールに欠かせないコスメブランドのアイテムをぎゅぎゅっとお試しする連載企画!

これまでのお試し記事一覧はこちら

今週からは、大人レディなメイクに欠かせない【ヴィセ】のコスメを大解剖☆

ヴィセってどんなブランド?

王道モテなキレイめメイクにも、気分がアガるおしゃメイクにも使えるアイテムがたくさん。カラー展開が多くて遊べるし、何より価格が優しくて最高です!(ヘアメイク・鈴木海希子さん)

もう試した? ハートを射抜くこの目元♡

undefined
SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

まぶたにはキラッキラのラメと絶妙な陰影。

そして目尻にはセクシーなはね上げライン♡

女っぷり上々な目元をつくったのは、店頭で激売れ中のこちらのアイテムたち!

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

ヴィセ リシェ

ジェミィリッチ アイズ

全8種 ¥1,200(編集部調べ)/コーセー

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

ヴィセ リシェ

カラーインパクト リキッドライナー

全6色 ¥1,000(編集部調べ)/コーセー

アイシャドウパレットは、肌にすっとなじむ色調に、まるで宝石を砕いたようなラメ感が魅力的♡

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

↑光を受けてラメがツヤっぽく輝くから、目元に立体的を演出してくれます。

アイライナーはなんといっても発色が最高!

繊細なラインもすっと描けるし、透明感のある水彩タッチだからちょうどいい印象に。

紗英が赤みEYEにトライ♡

色白肌に映える赤みEYEに変身すべく、アイシャドウのPK-6とアイライナーのRD440をチョイス。

「同系色のシャドウトライナーで仕上げます。バーガンディの深い色味は、目を大きく見せてくれる効果が。カラーで下まぶたまでぐるっと囲むのがイマっぽいですよ!」(ヘアメイク・鈴木さん)

まずはシャドウ PK-6から。

undefined
SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.
undefined
SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

「①のヌーディカラーを指にとり、アイホール全体に広げてトーンアップします」

undefined
SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

「続いて②の明るいピンクを、指でまぶたのくぼみあたりまで広げます」

undefined
SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

「次はチップの太いほうに④のバーガンディをとり、二重幅よりやや広めにのせます。お好みで③のブラウンを少し混ぜてもOKです」

undefined
SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

「最後に下まぶたにも④を。細めにぐるっと囲むイメージです」

続いてはライナー RD440の登場。

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

「まずは上まぶた。黒目の外側から、少し長めにはね上げ気味に引きます」

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

「下まぶたの粘膜にそってぐるっと引いたら、完成です。黒だと浮いてしまうような大胆な使い方でも、このような暖色だと肌によくなじんでうまくいきますよ!」

\完成♡/

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.
SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

奥行きのある上品な目元に♡

じゅわ~っと温かみのあるアイメイクは、メンズ受けも期待できそう!

他のカラーは?

シャドウ×ライナーの色合わせで、印象は自由自在☆

おすすめのカラバリをスタッフがお試し。

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

(左)ブロンズベージュのシャドウに、キャッチーなピンクのラインを。

(中)涼しげなブルーに、ヌケ感のあるブラウンのラインで引き締め。

(右)透明感のあるグレーに、凛としたネイビーのラインが好相性。

夏に映えるキラキラカラーEYE、ぜひチャレンジしてみて!

来週は同じくヴィセの、HMさん絶賛のベースアイテムをお試し。お楽しみに♪

Photo:Nakata Ayako(model)、Shiho Naoya(still) Hair Makeup:Suzuki Mikiko Model:Murase Sae(NMB48)

オリジナルサイトで読む