1. トップ
  2. ファッション
  3. ジュン・ジー(JUUN.J) 2019年春夏コレクション - 重ねて増幅するモードの妙

ジュン・ジー(JUUN.J) 2019年春夏コレクション - 重ねて増幅するモードの妙

  • 2018.8.14
  • 838 views

ジュン・ジー(JUUN.J) 2019年春夏コレクション - 重ねて増幅するモードの妙

ジュン・ジー(JUUN.J)の2019年春夏コレクションが、フランス・パリで発表された。

undefined
www.fashion-press.net

重なる度増えるモード感

ジュン・ジーお得意のオーバーサイズやレイヤードは今季も健在。挑戦的な素材の選択も流石だ。ファーストルックから“らしさ”全開できた今シーズン、カバーオールは肥大化し、テント型にまで膨れあがった。ネオンイエローのナイロンコート、クラシックなトレンチコート、すべてがデフォルメされ、その奇抜なフォルムがモード感を助長している。

ワークウエアの要素は深く浸透し、シルバーの防火剤のような素材、あるいはファイヤーマンが身に着けるような反射テープ付きのコートが採用されている。時にMA-1と重なり、時に全身を覆う。従来であれば身を保護するためのものをあえて着崩して、スタイリングを組んでいるのも面白い。

中盤ほどに登場した裾からぐるりと折り返して、風を抱合させた不可思議なフォルムのアウターは、今季の象徴的ディテールとシルエットをすべて含んでいる。折り返されたアウターは、バルーンのように膨らんで一周して頭の上へと巡ってくる。そして、フーディーとなって体を包み込んでいる。

終盤には、前シーズンと同じくチェック柄の多用がみられた。季節感をはく奪するような温かみのあるチェック柄は、ジャケット、シャツ、スラックス、そしてランダムヘムのスカートなど多彩。しかし、今季はそこにストライプが加わり、さらにPVC素材が重なる。レイヤードは、身を保護するためなどではなく、春夏らしい爽やかさを加えるためのものらしい。といっても意外性たっぷりで、やっぱりモード感は増幅されるばかりなのだ。

オリジナルサイトで読む