1. トップ
  2. 「義母と娘のブルース」第2章がスタート! 宮本家に関わる謎の高校生役に井之脇海に決定!

「義母と娘のブルース」第2章がスタート! 宮本家に関わる謎の高校生役に井之脇海に決定!

  • 2018.8.14
  • 1411 views

TBS系で放送中の綾瀬はるか主演の「義母と娘のブルース」(毎週火曜夜10:00-11:07)。

【写真を見る】楽しく演じたいという井之脇海

綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ良一(竹野内豊)からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語を描く。

8月14日(火)の放送からいよいよ第2章がスタートする。主人公・亜希子(綾瀬)が家庭に入り、専業主婦として、そして母として一生懸命に奮闘、娘も高校3年生まで成長したところから始まる。宮本家に嫁いで10年、亜希子もすっかり母親らしくなってきているものの、キャリアウーマンだった頃の姿勢は変わらない。そんな亜希子に新たな問題が起こる。

高校生になったみゆき(上白石萌歌)の関わる謎の高校生(井之脇海)
(C)TBS

そんな第2章から新たなキャストが登場することが決定した。高校3年生になったみゆき(上白石萌歌)に大きく関わっていく謎の高校生に、井之脇海が決定。謎の高校生役ということで、今後、宮本家にどのような影響を及ぼしていくのか注目だ。

このほか、麦田(佐藤健)の職人気質で厳格な父親役で宇梶剛士が、また、水谷果穂がみゆきの親友・ユナ役で出演する。

井之脇海コメント

【写真を見る】楽しく演じたいという井之脇海
(C)TBS

タイトルを聞いた時、「ブルース」という言葉に、初めはピンときませんでした。けど、脚本を読んでみると、登場人物たちが不器用ながらにお互いを思いやり歩んでいて、その様子がとても愛おしくて、「悲しみの歌をみんなで支え合い奏でると、喜びに変わるんだ」と感じました。まさに、小さな奇跡だなと。

そして、そんなブルースな作品に参加することができることが、とてもうれしいです。

綾瀬さんをはじめとした僕の尊敬するキャストの方々と共演できることに、とてもワクワクしています。

そして、脚本の森下さんが描く世界に再び存在できる幸せをかみ締めています。

物語を奏でる上で大切な1ピースになれるよう、楽しんで演じたいと思いますので、ぜひご覧ください!

8月14日(火)放送、第6話のあらすじ

高校生となったみゆき(上白石萌歌)と亜希子(綾瀬はるか)
(C)TBS

小さな奇跡を拾い集めながら暮らした宮本家のみゆき(上白石萌歌)は、“お母さん”“みゆき”と呼び合い、箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけという亜希子(綾瀬はるか)の教えを守り、教師からも一目おかれるような高校3年生に成長していた。

ある日、ママ友の晴美(奥貫薫)からみゆきの大学進学について聞かれる。大学は青春を満喫するために行くのだから受かったところで良いと考えていた亜希子だが、「今は将来何をしたいか、そのためにどこに行ったらいいのか考えて受験する」と晴美から諭される。

一方、みゆきは、いい大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じ、いい大学を受験しようと気持ちは逸るのだが、テストの成績は伸び悩んでいた。亜希子はみゆきが自分の将来についてどのように考えているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのか聞いてみると、できればお母さんのようになりたいと言う。それは、昔の亜希子の姿でもある企業の営業職かと尋ねると、現在、亜希子がしているデイトレードのことで、それはみゆきにとっては、楽してもうけていく道があると錯覚させてしまっていたようだ。

それに気付いた亜希子は、仕事の尊さをみゆきに分かってもらおうと、一念発起し再就職をすることを決意する。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む