1. トップ
  2. 柴咲コウ、18年ぶりにテレ朝連ドラ出演!「dele」で山田孝之と“元恋人”役

柴咲コウ、18年ぶりにテレ朝連ドラ出演!「dele」で山田孝之と“元恋人”役

  • 2018.8.14
  • 1000 views
「dele」に柴咲コウがゲスト出演することが分かった
(C)テレビ朝日

【写真を見る】柴咲コウは山田孝之演じる坂上圭司の元恋人役で対峙!

山田孝之と菅田将暉がW主演を務める、金曜ナイトドラマ「dele」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系※8月17日は夜11:45-0:45ほかの予定)に、柴咲コウがゲスト出演することが分かった。

「dele」は、プログラマー・坂上圭司(山田)と何でも屋の真柴祐太郎(菅田)が、クライアントのデジタル遺品を整理する中で巻き起こる人間ドラマ。

原案・パイロット脚本をベストセラー作家・本多孝好が担当し、各話ごとに多くの話題作を手掛けてきた脚本家が名を連ねることも話題になっている。

このたびゲスト出演が明らかになった柴咲が演じるのは、圭司の元恋人・沢渡明奈。

テレビ朝日の連続ドラマに出演するのは「アナザヘヴン〜eclipse〜」(2000年)以来18年ぶりとなる柴咲は、ドラマ・映画化された「信長協奏曲」以来の共演となる山田を相手に、密な芝居のやりとりを展開する。

【写真を見る】柴咲コウは山田孝之演じる坂上圭司の元恋人役で対峙!
(C)テレビ朝日

自尊心とテリトリー意識が強く、人との接し方もつっけんどんな一匹おおかみ・圭司に恋人がいたどころか、別れてからも年1回コンスタントに会っているという不思議な関係性なのも気になるところ。

そんな完全に断ち切れない関係を築くほど圭司の心をつかんだ明奈は、圭司より年上で現在は高校の音楽教師だ。

凛としていて、普通の人には扱いにくいタイプの圭司とも堂々と渡り合う。

明奈の登場によって、祐太郎や姉・坂上舞(麻生久美子)には見せない“圭司の新たな顔”や”謎のベールに包まれた過去”も次々と掘り起こされていく。

なお、柴咲の登場回は後日発表される。

柴咲コウ コメント

「デジタル遺品」「山田孝之×菅田将暉」そして「プロデューサー山田兼司」、この三点が出演のキーポイントになりました。

モノづくりの姿勢が潔く、団結していて、スタッフみんなの作品への愛情が伝わるすてきな現場でした。明奈が、圭司という人物の新たな側面を引き出すエッセンスになれば良いなと思います。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む