1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性に「可愛くないな…」と思われてしまう言動3つ

男性に「可愛くないな…」と思われてしまう言動3つ

  • 2018.8.13
  • 24241 views

「女は愛嬌」と言われるように、可愛げがあれば愛されたり許されることもあるのは女性の特権かもしれません。

しかし、その「可愛げ」から遠ざかってしまう言動がついつい出てしまうことも……。

可愛くない言動

口ぐせが「でも」「だって」

何か言われたときに、思わず口から「でも~」「だって~」と出ていませんか?

「でも」や「だって」は言い訳の言葉。自分の誤りを認めたくないときや、相手の意見を受け入れず自分の意見のみを主張するときに出てくる言葉です。この言い訳言葉が口ぐせになっていると「何言っても聞いてくれない」「素直ではない」と受け取られてしまいます。

「こっちが何言っても否定しかしてこない子。デートの提案しても『でもそこは……』とか言われたら次のデートの誘いなんてしたくなくなる。代替案が出てくるならともかく、否定してるだけじゃん」(24歳/自動車)

「でも」「だって」は相手を否定する言葉になってしまいます。無意識に使ってしまってないか、気をつけてみましょう。

機嫌の悪さを顔に出す

体調が悪い、相手の言動にムカっとした……そんな時に何があったか言わないままに不機嫌な顔をしていませんか?これは相手に自分が機嫌の悪いことを察してもらい、改善を無言で要求する、究極に可愛くない態度です。

「すぐ機嫌が悪くなって黙り込む子がいた。最初は何かしたかなとかいろいろ考えたり、一生懸命話題を変えて明るくしようとしたけど、何度も続くうちにスルーするように。面倒くさいから個人的に仲良くするのはやめた。子どもじゃないんだから、自分の機嫌ぐらい自分で直して欲しい」(22歳/学生)

論評したがる

「何かにつけ『あれは〇〇だよね~』とか『この店はあそこに比べて〇〇ができてないよね』とか、いちいち論評して評価したがる子は可愛くないな。素直じゃないし、自分が上に立っていないと気が済まないタイプなんだと感じる」(29歳/会計)

人や仕事、お店など何でも自分基準でランクを付けたがり、それを人に解説しちゃう人いますよね。自信のある女性に多い傾向が……いろんな世界を知っていてすごいのは分かりますが、可愛げはないかも。

そもそも論評とは上から評価することなので、自分の中で完結するならともかく、多くの人に語っちゃうのは面倒くさい人と思われてしまいがちです。SNSでも要注意!

おわりに

上に挙げた3点は、どれも無意識にやってしまいがちな可愛くない言動でした。しかし、どれも意識をすればやめられる内容です。

可愛くない女性とは、結局のところ「物事を素直に受け止められない面倒くさい人」ということ。素直さ・謙虚さを忘れないようにしたいですね。

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む