1. トップ
  2. メイク
  3. 目元に季節感を。スック新作アイシャドウでつくる秋メイク

目元に季節感を。スック新作アイシャドウでつくる秋メイク

  • 2018.8.13
  • 2616 views

夏はまだまだ続くものの、コスメ業界は早くも秋モード。ひと足早く秋気分を味わいたい方には、日本の美の原点「花鳥風月」をテーマに秋冬コレクションを展開する『SUQQU』がおすすめです。

目元に季節感を。スック新作アイシャドウでつくる秋メイク
LBR

秋らしい風情漂う新作がそろうなか、筆者は「デザイニングカラーアイズ」の10夕茜、11深楓の粋な配色に一目惚れ。しかし、SUQQUのパレットは配色が独特なので、使い方に悩む方も多いかもしれません。

今回は、2つのパレットの魅力を引き出すメイク方法をご提案します。

秋の夕暮れを彷彿とさせる神秘的なパレット

デザイニング カラー アイズ 10 夕茜 -YUUAKANE/SUQQU

6,800円(税抜)

デザイニング カラー アイズ 10 夕茜 -YUUAKANE
LBR

発売されるたび話題を集めるSUQQUのデザイニング カラー アイズ。10 夕茜はその名のとおり夕日が沈む情景をイメージしたパレットです。

デザイニング カラー アイズ 10 夕茜 -YUUAKANE
LBR

オレンジ、ピンク、ブルーが織りなすコントラストはとても神秘的で、暮れゆく夏の儚さと静かに訪れる秋の気配を感じずにはいられません。ノスタルジックな気分に浸れるSUQQUらしいパレットですね。

10 夕茜 – YUUAKANEでつくる「透明感高まる秋メイク」

10 夕茜 - YUUAKANEでつくる「透明感高まる秋メイク」
LBR

このパレットはただ幻想的なだけでなく、目元の透明感も高めてくれる優れもの。4色を使った美しいグラデーションの秋メイク方法をご紹介します。

(1)①をブラシにとり、まぶた全体に塗る
(2)②をブラシにとり、アイホールに塗る
(3)③を指にとって目尻側にポンポンと置き、何もついていない指で②との境目をぼかす
(4)④をチップにとり、目のキワにアイラインを引くように塗る

②と③は塗りのばすと色味が似ており、そのわずかな違いが絶妙なニュアンスを醸し出します。

ピンクとオレンジが奏でる鮮やかな夕焼けを④のネイビーで締めれば、美しい秋の夕暮れの完成です。

オータムレッドで洗練された目元へ

デザイニング カラー アイズ 11 深楓 -FUKAKAEDE/SUQQU

6,800円(税抜)

デザイニング カラー アイズ 11 深楓 -FUKAKAEDE
LBR

夕茜よりもやや落ち着いたトーンの深楓。紅葉の景色をそのままに表現しており、あたたかな女性らしさと強さを併せもつカラーです。

デザイニング カラー アイズ 11 深楓 -FUKAKAEDE
LBR

このパレットは秋らしい色合いのファッションと相性抜群。印象的なオータムレッドが落ち着きのなかに遊び心を忍ばせて、洗練された目元を演出します。

11 深楓 – FYKAAKEDEでつくる「シックな秋の垢抜けアイズ」

11 深楓 - FYKAAKEDEでつくる「シックな秋の垢抜けアイズ」
LBR

このパレットをお持ちの方には、③の使い方に悩まれる方が多いかもしれません。一見難しそうな色味ですが、肌なじみのいい上の2色をベースに仕込んでおくと、違和感なく自然と溶け込みますよ。やわらかな印象をキープしつつも、深みのある目元をかなえる垢抜けメイクをご紹介します。

(1)①をブラシにとり、まぶた全体に塗る
(2)②をブラシにとり、アイホールに塗る
(3)③を指にとって目尻側にポンポンと置き、何もついていない指で②との境目をぼかす
(4)④をチップにとり、目のキワにアイラインを引くように塗る

お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、実は夕茜と同じメイク方法です。しかし、両者の配色と印象が異なるため、仕上がりも大きく変化します。

ポイントは、③のカラーを引き立てるようにメイクすること。これを意識するだけで、どちらのパレットもこなれた雰囲気に仕上がります。


クリアな色味の夕茜は残暑の時期にも使いやすいカラーなので、筆者は毎日のように使っています。秋らしい装いの日は深楓で少しモードに仕上げることも。みなさんもSUQQUのアイカラーで季節感を楽しんでみませんか?

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

美容ライター・古賀令奈

ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。

【保有資格】

日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ

オリジナルサイトで読む