1. トップ
  2. 竹中直人、吉田羊が赤ずきんを問い詰める姿に「怖かったなぁ…」

竹中直人、吉田羊が赤ずきんを問い詰める姿に「怖かったなぁ…」

  • 2018.8.13
  • 1238 views
竹中直人が赤ずきん(佐藤玲)の“心神喪失”を訴える!
(C)NHK

昔話の登場人物が訴えられたらどうなるか? 検察官、弁護人、被告人、証人のやりとりを、裁判員の目線で描き、“考える力”を育む「昔話法廷」(朝9:00-9:20、NHK Eテレ)。

【写真を見る】すごい迫力! 吉田羊が赤ずきんを厳しく問い詰める

8月14日(火)の放送では、昔話の中でも類を見ない猟奇殺人事件「“赤ずきん”裁判」を取り上げる。

被告人の赤ずきん(佐藤玲)は、おなかに大量の石を詰めてオオカミを殺害した罪に問われる。

赤ずきんは殺害の事実は認めるものの「その時のことはよく覚えていない」と言い張る。

そんな赤ずきんに対し、弁護人役の竹中直人は「オオカミに食べられた赤ずきんは精神障害を起こし、“心神喪失”の状態にあった」と主張し、「心神喪失者の行為は罰しない」と定めた刑法第39条により、無罪を求めた。

しかし、検察官役の吉田羊は赤ずきんを厳しく追及! オオカミの母親を連れて尋問し、赤ずきんを追い詰める。

今回、吉田羊と竹中直人からのコメントが届いた。

吉田羊コメント

私は、以前からこの番組のファンでした。慣れ親しんだお話でも、ちょっと視点を変えて見るだけで印象が大きく変わってしまうことに、いつも驚ろかされます。

演者の芝居や表情によって、判決を考える視聴者の心象は大きく変化していきます。それが、この番組の醍醐味(だいごみ)。常にそのことを意識して演じました。

竹中直人コメント

不思議な時間を味わうことが出来ました。62年という僕の人生の中で、まさか赤ずきんちゃんとおばあちゃん、オオカミさんに会えるとは、思いもよらなかったです。

本当にびっくりです。しかし…吉田羊さん怖かったなぁ…。もちろん良い意味です!(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む