1. トップ
  2. メイク
  3. 美肌見えの秘訣♡ファンデーションの色選びは肌選び!

美肌見えの秘訣♡ファンデーションの色選びは肌選び!

  • 2018.8.12
  • 15290 views

肌は変化する。ファンデーションの色も、変わる。


誰しもが加齢により肌質が変わってきます。
ということは、もちろん肌の色も気づかぬうちに変化しているもの。もちろん日焼けや、肌のお手入れによっても変化していきます。


それでもずっと同じ色を使い続けていくと、先述したように「メイクをしたのに、逆効果!」な肌に見えてしまうことも。
お肌は変わっていくものですから、買い替え時にはその都度ファンデーションの色も見直すようにしてみましょう♡

手の甲で試すのはNGって知っていますか?


店頭などでファンデーションを選ぶとき、手の甲で試す女性をよく見かけますが、それはNGな選び方だということをご存知ですか?


手の甲、顔、首では大きく違います!

手の甲をベースに色選びをしてしまうと、自分の顔に合った色を選んでいることにはならないのです・・・。


顔だけ浮いた色にならないよう、エラから首に縦に塗って試してみましょう♪
「顔と首の色」をよく見て色選びをしてくださいね♡

大事なのは「今の自分の顔の色」を知ること


自分の肌に合ったファンデーションこそ、美肌に見えるファンデーションということ♡
あなたの肌の色は何タイプでしょう?
当てはめて考えてみてくださいね♡
 

<色白さんパターン>

ピンク系を選ぶと、時間の経過とともに色が浮き出た感じになってきてしまいます。
薄いベージュ系を選ぶことで、肌に馴染むので一日過ごせますよ♡
 

<色黒さんパターン>

オークルだけを塗ると、時間の経過とともにくすんだ感じになって、疲れた顔色に見えてきてしまいますよね。
オークル+ピンクを塗ることで、くすんだ色にならずに一日過ごせます♪
 

<中間色パターン>

ナチュラルカラーでOKですが、時間の経過とともに肌の色が濃く見えてきますよね。
実は、分泌される皮脂とファンデーションの色が混ざってしまうのです。
その場合は、化粧直しの時にピンク系を選ぶことで色の調整をしてくださいね♡
 

<イエローパターン>

黄色味が強いタイプのお肌の方は、ピンク系を選ぶと健康的に見える効果がアップ。
明るめのオークルを選ぶ方が多いと聞きますが、オークルより明るく見えるのでオススメです♪

美肌=美白じゃない?!

自分の肌よりもワントーン明るめの色を選ぶ方も多いようですが、それにはデメリットが。
明るい色を選んでしまうと、シミやくすみ、毛穴を隠そうとコンシーラーやハイライトを塗っていくことで厚塗りになってしまい、老け顔メイクになりがちですよね。


「明るい=隠しにくい」ということなのです。

その場合、あえて2トーン暗めの色を薄塗りすると、自然とシミやくすみ、たるみやシワ、毛穴も隠せますし、薄塗りということでツヤ感のある肌を保てるのです♡


更には小顔効果もあり、シャープに見せたい方には特にオススメですよ!

いざという時の+ワンアイテム♡

また、ファンデーションだけじゃ思った通りの色にならない・・・と感じる方には、コントロールカラーがオススメ♡
色の種類も豊富ですし、カバー力も抜群。

自分の肌の色にあったコントロールカラーを持っておくと便利です。

 
 
また、ファンデーションにも色々なタイプがあるので、自分に合ったタイプを選ぶのも美肌に見せるコツですよ♪
皆さんもファンデーションの色選びで「美肌」効果を得てくださいね♡

元記事で読む