1. トップ
  2. ファッション
  3. デート中の「痛くて歩けない」を解消!下駄、サンダルの“靴擦れ”対策

デート中の「痛くて歩けない」を解消!下駄、サンダルの“靴擦れ”対策

  • 2018.8.11
  • 80048 views

■【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情243】

夏は、足元も夏っぽくサンダルを選んだり、浴衣に合わせて下駄を履いたりしますよね。でも、普段履きしてないサンダルや下駄を久々に履くと、擦れたり痛くなったりしません?

そこで今回は、サンダルや下駄を履くうえでの対策をご紹介しようと思います。

■自分の足に合ったサンダルを買う!

そもそもなのですが、サンダルや下駄が擦れるのがイヤなら履くべきではありません。筆者は擦れるのが怖いので、浴衣で長時間歩くのがわかってるときは、下駄じゃなくてビーサンを履いたりしてますもん。

でもまぁ、かわいいサンダルを履きたいし、浴衣にはできれば下駄がいいですもんね♪

なのでまず、なるべく擦れないサンダルや下駄を選ぶべきです。

普段から靴やサンダル(や下駄)をネットで探す人もいると思いますが、靴やサンダルは実際に履いてから購入したほうがいいですよ。

筆者は半ば引きこもりなので、買い物は基本ネットで済ませるのですが、唯一、足に履くものはネットでは買いません。必ず店舗に行き、試着して買います。

長期間、足を痛めずキレイに履きたいのであれば、その辺で安売りしてる簡単な作りのアイテムではなく、少し値が張っても自分の足に合う靴やサンダルを選ぶことをオススメします。

■靴擦れ防止対策とグッズ

といっても、人によって足の形は違うしオーダーはお高いですからね……。ということで、お手軽にできる靴擦れ防止対策とグッズをご紹介。

擦れないように事前に対策するのなら、サンダルの形にもよりますが、擦れる部分に靴擦れ防止用のテープやパッドを貼りましょう。下駄やビーサンのような親指と人差し指の間が擦れがちなタイプなら、履く前に足の擦れる箇所にワセリンを塗り、ベビーパウダーをはたいておくのも手です。

またグッズとして、最近はオープントゥのストッキングや靴下もあるので、誰かのお家にお邪魔するとかお座敷で食事するなどの予定がなければ、そちらもオススメ。

「サンダル用 靴下」で検索するといろんなタイプの靴下が出てきますよ。

で、下駄ですが、そもそも指の間にピッタリ鼻緒をはめ込むものじゃありません。かかとをちょっと出す感じで余裕を持って履くといいんですって。それだけでも擦れにくくなります。

でも擦れるもん!という人は、鼻緒用カバー(トングカバー)などで防止するのもいいでしょう。

また、バンドエイドに半透明の「マメ・靴擦れブロック スモールサイズ」というのもあるので、そちらを貼るのも普通の絆創膏より目立たなくていいと思います。

擦れてからでは遅いので、なるべくなら事前準備はしっかりしたほうがいいですよ。

■努力したけど擦れた…というときは

靴擦れ予防をしたけど、擦れてしまったという場合、一番いいのは絆創膏で覆うこと。ですが、「下駄を脱いで座敷で食事するから絆創膏は……」というのなら、リップクリームを少し指につけて擦れた箇所に塗ってあげましょう。

それだけでも擦れが軽減されるかと。ただ汗で取れるので、こまめに塗ってあげたほうがいいですね。

擦れて皮がペロンとむけたり、血がにじんだりしている状態なら、自分でケアするのは正直危険!

応急処置として絆創膏を貼り、それ以上擦れないようにカバーしましょう。

で、セルフケアではなく早めに皮膚科へ!傷口から細菌が入ったら余計に悪化しますからね。

擦れもそうですがニキビや肌荒れなど、肌を早くキレイにしたいなら皮膚科へGOです!

とはいえ「お盆だし、皮膚科が開いてない…」みたいなこともありますよね…。そんなときは患部を清潔に保ちつつ、軟膏を塗って上から絆創膏。なるべく絆創膏はこまめに交換しましょう。

擦れてボロボロになった足を早くキレイにしたいのなら、皮膚科の医師に相談するのが一番手っ取り早いと思います。

■終わりに

「足が痛くてデートに集中できない…」なんて状況では、せっかくのかわいいサンダルも、憎たらしく思えたりするもの。

足の痛みに気を取られないためにも事前準備はしっかり!足がボロボロになったら下手にセルフケアするのではなく皮膚科へ!これ忘れないでくださいね。

ライタープロフィール
美佳
元ホステス。現在いろんなサイトでちょこちょこ記事を執筆中。 「そろそろ白馬に乗った王子様が迎えに来ないかなー♪」と結婚を夢見はじめたが、王子様はお姫様しか迎えに行かないことに気づいた独身アラサーです。
ブログ:お後がよろしいようで!

オリジナルサイトで読む