1. トップ
  2. ヘア
  3. 脱・幼さ、野暮ったさ。オトナのおさげヘアアレンジ

脱・幼さ、野暮ったさ。オトナのおさげヘアアレンジ

  • 2018.8.9
  • 17976 views

ゆるっと可愛い♡基本の三つ編みおさげヘア

「おさげヘア」というと、どうしても学生のような野暮ったいイメージを持ちがちですよね。

しかし、ヘアアレンジの方法を少し工夫するだけで、垢抜けたおしゃれヘアに早変わりします。

おさげヘアの基本となるのは、三つ編みのおさげヘア。

固く結んでしまうと、中学生や高校生のひっつめヘアに見えてしまいます。

ポイントは「崩す」こと。

最初は一編み一編み、固めに三つ編みをします。そしたら三つ編みの編み終わりも部分を片手で持ちながら、もう片方の手で崩していきます。

三つ編みの一番外側の毛束を、ほんの少しとって、グッと外側に引っ張っていってください。

この「ほんの少し」というのがポイント。多く引き出し過ぎてしまうと、崩れやすくなってしまいますし、だらしなく見えてしまいます。

引き出していくと、編み目が花びらの方にふわっと広がります。これで垢抜けた三つ編みヘアの完成です。

こちらはトップをくるりんぱして、編み込みから三つ編みを行なっているおさげヘア。

ショートさんは髪の長さがない分、髪のトップ部分でどうヘアアレンジをするかが見せ所です。

くるりんぱや編み込み、三つ編みを重ねることで、動きのあるヘアアレンジになります。

フィッシュボーンで上級者風おさげヘアに

フィッシュボーンは、三つ編みと違った編み目で、上級者風に見せてくれるヘアアレンジ。

フィッシュボーンは難しそう…と思っている方、実は三つ編みよりも簡単なんですよ!

やり方は簡単。まず髪を左右2つに分けます。そして片方の髪の束を2つに分け、一番端の髪の毛を反対側に渡します。これを繰り返していくと、フィッシュボーンが完成!

先ほど三つ編みのところで説明したように、しっかりと固めに編み込んでいき、端の部分を引き出して崩していくと、ゆるふわなおさげヘアができちゃいますよ♪

トップ部分を波ウェーブ巻きにし、フィッシュボーン編みにしていく、ゆるふわなこなれおさげヘア。

リボンをアクセントにつけると可愛さが増しますね♪

トップを編み込みにしてから、フィッシュボーンにしているおさげヘア。編み込みとフィッシュボーンという、二つの編み方を組み合わせることによって、髪に動きが出ます。

髪は全体的にゆるく巻いておくと、アレンジの時に髪を崩しやすくなったり、ゆるふわ感を出しやすくなりますよ。

周りに差をつける♡ポンポン玉ねぎおさげヘア

おさげヘアで周りと違うアレンジをしたい方におすすめなのが、玉ねぎヘアアレンジ。

編み目の部分が丸く玉ねぎみたいな形をしていることから、こう呼ばれています。

やり方は簡単。間隔を少し開けてゴムで結び、髪を引っ張って丸いシルエットにするだけ。

動画では、ゴムで結んだ後にくるりんぱをして、丸いシルエットを作っています。

こちらは、くるりんぱをしないで、ゴムで結んで髪を引っ張って崩した、玉ねぎおさげヘアアレンジ。

毛先は19mmのコテで外ハネ巻きにしています。ゴムの色を工夫しても可愛いですね。

くるりんぱを組み合わせた玉ねぎおさげアレンジ。

トップの部分からくるりんぱを重ね、ふわっと崩すことで、結んで崩しただけとは違うニュアンスの玉ねぎアレンジになります。

くるりんぱをすることによる、独自の動きが出るので、普通のアレンジにプラスでこなれ感を作りたい!という方にはオススメのヘアアレンジです。

いかがでしたか?

「おさげ」というと、野暮ったいイメージだと思いますが、プラスで工夫するだけで、垢抜けたおしゃれヘアに生まれ変わります。ご紹介した画像や動画を参考にして、自分だけのおさげスタイル作ってみてくださいね♪

元記事で読む
の記事をもっとみる