1. トップ
  2. ダイエット
  3. まだ間に合う! 緊急に太ももを引き締める3つのエクササイズ

まだ間に合う! 緊急に太ももを引き締める3つのエクササイズ

  • 2018.8.7
  • 2624 views
フロントランジをしている様子

腰を「低く、低く」落とし、負荷をかけて

太ももがムチっとしていたり、パンパンに張っていると、パンツをはくときに引っかかってしまうことも…。多くの女性を悩ませる太ももですが、どのようなメニューをどのような意識で行えば引き締まるのでしょう。

「紹介するのは、スクワットや片脚を前に出してひざを曲げるランジなどのメニュー。早く結果を出したい人は、できるだけ腰を低くして、太ももに負荷をかけて行うと効果的。胸を張って、少しずつ腰を落としてみましょう。日常生活では、階段を使う生活を心がけて! 太ももの筋肉は大きいので、鍛えることで基礎代謝を高めることもできます」(桑崎先生)

太ももをほっそり引き締めながら、秋に向かってやせやすい体も同時につくっていきましょう!

ムービングスクワット

ムービングスクワットの姿勢1

1 脚を閉じて立ち、胸の前で両手を組みます。

 

ムービングスクワットの姿勢2

2 脚を閉じたまま、ひざを曲げ、お尻を後ろに突き出します。

 

ムービングスクワットの姿勢3

3 腰を落としたまま、右脚を外側に1歩開きます。開いた脚を戻して再び脚を閉じ、今度は左脚を外側に1歩開きます。再び脚を閉じ、左右交互にこれを10回。3セットくり返します。

慣れてきたら…

ムービングスクワットを深く行っている様子

左右に動くときは、腰をできるだけ落としましょう。慣れてきたら、太ももが床と平行になるくらいまで腰を落とすと◎。

 

フロントランジ

フロントランジの姿勢1

1 脚を軽く開いて立ち、両手は胸の前で合わせておきます。

 

フロントランジの姿勢2

2 左脚を大きく1歩前に踏み出して両ひざを曲げ、同時に上体を左にひねります。肩は水平ラインをキープし、左ひざが90°くらいの角度になるまで腰を落としましょう。左脚を戻し、再び1の体勢に。

 

フロントランジの姿勢3

3 今度は右脚を大きく1歩前に踏み出し、同時に上体を右にひねります。1に戻り、左右交互にこれを10回。3セットくり返します。

 

シザーズジャンプ

シザーズジャンプの姿勢1

1 手を胸の前で組んで立ちます。この状態から右脚を前に出してひざを曲げ、腰を落とします。左ひざは床につけて曲げ、左足はつま先立ちに。

 

シザーズジャンプの姿勢2

2 脚を前後に入れ替えながら、真上にジャンプします。左脚を前に出して着地し、再び脚を入れ替えながらジャンプ。これを左右交互に10回。3セットくり返します。

ポイント!

シザーズジャンプをしている足元

「ドスッ」と音を立てず、できるだけ静かに着地することで、より太ももに効かせることができます。

 

撮影/山上忠 モデル/蒼木まや ヘア&メイク/斎藤節子 取材・文/馬渕綾子
衣装協力/トップス¥7500、中に着たブラ¥6800、タイツ¥14200/すべてlululemon(価格はすべて税別)

オリジナルサイトで読む