1. トップ
  2. スキンケア
  3. 肌の露出が増える季節到来!恥ずかしい「粉ふき肌」の改善方法

肌の露出が増える季節到来!恥ずかしい「粉ふき肌」の改善方法

  • 2015.2.27
  • 373 views

少し春めいてきましたが、空気はまだまだ乾燥しています。スネや肘などが、粉ふいたようにカサカサして恥ずかしい…と悩んでいる方は少なくないはず。空気が乾燥すると、どうしても皮脂の分泌が少ないスネなどの部位からカサつき始めてしまいます。素肌を出す季節になる前の今こそ、この「粉ふき肌」をクリアして潤いのある肌を目指しましょう。

■「粉ふき肌」になってしまうメカニズム

健康な肌の場合、皮膚の表面は汗や皮脂からできている天然の保湿クリーム、「バリア機能」で潤いを保っています。しかし、寒さや空気の乾燥、手洗いなどでこの天然保湿クリームがどんどん剥がれ落ちていき、肌細胞の潤いが保たれなくなってしまうと、角質層に亀裂が入りひび割れが発生し、粉ふき肌へとなってしまうのです。

■こんなケアしてない?やってはいけないNG習慣

しかしこの「粉ふき肌」、乾燥だけが原因ではありません。熱いお湯のシャワーを浴びる、体をゴシゴシ洗う、マッサージをしているつもりが肌を擦ってしまっているなど、肌への刺激によってセラミドが流れやすくなってしまっているのです。また、血液循環が悪い人は新陳代謝も鈍くなり、角層のターンオーバーがうまくいかず、角層が硬くなり乾燥肌の原因に。体を冷やさず血液循環を良くすることが大切です。

■「粉ふき肌」改善のコツ!

粉ふき肌は、空気の乾燥や肌の摩擦などで乾燥が進行している状態。徹底した保湿ケアを行うのが基本です。体や顔を洗うときは必要な皮脂を落とさないようにぬるま湯で、乾燥のひどい部位はタオルなどを使わず手で優しく洗うなどの対策を。シャワーを勢いよく肌に当てたり、ゴシゴシとこすり洗いをしたりするのは厳禁。

また、内側からのケアとしては水分をたくさん摂ることも大切です。体を冷やさないよう、温かい白湯などを1日1.5リットルほど摂取することが理想的です。

暖かい季節まであと少し! 肌の露出が増えだす春・夏までには、つるつるの潤い肌を手に入れましょう。

(LBR編集部)