1. トップ
  2. 恋愛
  3. 自分で言わなきゃ幸せになれない!? 今の時代は男女ともに肉食系が求められている!

自分で言わなきゃ幸せになれない!? 今の時代は男女ともに肉食系が求められている!

  • 2015.2.27
  • 4164 views

恋人がいない率が多い理由のひとつとして挙げられる「草食系」という言葉。「最近の男ってほら、草食系が多いから~」という女子に反論するようにして、「食べられる女子が少なくなっただけだろ」とぼそりとつぶやく男子たち。いずれにしても、実を結ばないどころか、芽が出る気配のない恋愛事情。いったい、どうすれば恋愛できる人間になるのでしょうか?

「モテる」が「異性から求められること」だとするならば、巷では女子が愛されるために「モテ」を心掛け、男子は好かれるようにと料理に腕を磨く今。何かが違うのかもしれません。

男女ともにモテるのは「肉食系」

マッチアラーム株式会社(http://matchalarm.co.jp/)が行った調査によると、女性の8割、男性の6割が「恋人には肉食系を選ぶ」と回答しています。女性はまあまあ予想がつく結果となりましたが、半数以上もの男性が女性に「肉食系」を求めるなんて、ちょっと驚きの結果ですよね。

その昔、女性は男性の数歩後ろをさがって歩く、なんてことを言われたことがありましたが、今ではむしろ男性が女性に「はいどうぞ!」とばかりに道を譲っているようです。そして譲られた道を見て呆然とし「なんで最近の男は……!」とため息をついているのが女性なのでしょう。

時代は「守ってくれる人」「リードしてくれる人」

男女ともに恋人に「肉食系」を求める理由としては「守ってくれそうだから」「自分が草食系だから」などといった意見が並びました。大きく分けると次のふたつです。

自分が受け身だから基本的に受け身スタンスで相手の指示を待ちたいという人や、相手が何かしてくれることを望む人、相手から率先してお店を決めてほしい、デートスポットを決めてほしい、といった声が多くみられました。

頼りがいがある人を好むから男女ともに頼りがいがあり、「信じてついていっていい」と思わせてくれる人が素敵だと思うそうです。また、告白をするときも相手から言ってほしい、ガンガンきてほしい、と望むそう。狩るより狩られたいというのが本音のようです。

自分から言わなきゃ始まりさえしない

心優しく相手の言葉に耳を傾け、大きな器で受けいれてくれるようにも感じる草食系。ですが、嫌な面だけ表すとすれば単に「リスクを背負いたくないから」というのが大きいでしょう。自分でリスクを背負うのが嫌だからと、相手から来てもらうのを待ち続ける……。男女ともに「肉食系」を求めている時代のなかで、草食系でいることは異性にとって需要がありません。

「興味がある」「気になっている」「好き」ときちんと自分の言葉で相手に伝えることができなければ、恋だけでなくほしいものは手に入りません。始まりさえしないのです。

元記事を読む