1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 香港生まれのアーティスト、リー・キットの個展「僕らはもっと繊細だった。」原美術館で開催

香港生まれのアーティスト、リー・キットの個展「僕らはもっと繊細だった。」原美術館で開催

  • 2018.8.7
  • 2902 views

香港生まれのアーティスト、リー・キットの個展「僕らはもっと繊細だった。」原美術館で開催

展覧会、リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」が、2018年9月16日(日)から12月24日(月・祝)まで東京の原美術館で開催される。

undefined
www.fashion-press.net

現在は台北を活動拠点にするリー・キットは、香港に生まれたアーティスト。日本の美術館で個展を開催するのは今回が初となり、新作インスタレーションを発表する。

リー・キットは、絵画やドローイング、プロジェクターの光や映像、家具や日用品等使い、展示空間全体を淡い色調の絵画のように仕上げたインスタレーションなど、欧米アジア各地で作品やインスタレーションの発表を実施。静かで穏やかな作風ながらも、存在感を放ち見る人を引き付けるような作品を多数手がけている。

例えば、活動初期に発表した「絵画シリーズ」は、布に絵具で格子柄などを描いた作品。色と柄を持った“抽象”絵画でもあれば、テーブルクロスやカーテン等、日用品としての機能をもった布という姿・形を備えた“具象”でもあり、絵画そのものの概念を拡大した作品群だ。

1997年に中国に返還されて以来、変貌を遂げていく都市・香港を出自とすることから、リー・キットは世界の現状に目を向け、その中での自身の在り方をアートを通して問いかけるような作品を発信。2013年のヴェネチアビエンナーレ香港館で、屋内外に展開したインスタレーションが「ウォール ストリート ジャーナル紙」からの高評価を得るなど、アジアにとどまらず国際的に注目を集めている。

また、展覧会を開催する土地や環境の空気・感情に寄り添い特定の場所ならではの作品をその都度創り上げるのもリー・キットの大きな特徴。今回の会場となる原美術館は、第二次世界大戦を乗り越え、GHQから返還された後美術館として40年の時が経とうとしている美術館。リー・キットが原美術館の中で何を感じ取り作品を残すのか、期待が高まるところだ。

【詳細】
リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」
会期:2018年9月16日(日)~12月24日(月・祝)
会場:原美術館
住所:東京都品川区北品川4-7-25
開館時間:11:00~17:00(祝日を除く水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜(祝日にあたる9月17日・24日、10月8日、12月24日は開館)、9月18日(火)・25日(火)、10月9日(火)
入館料:一般 1,100円、大高生 700円、小中生 500円
※原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料
※20名以上の団体は1人100円引

オリジナルサイトで読む