1. トップ
  2. スキンケア
  3. 洗い流さないトリートメントで髪が良くならないワケ。

洗い流さないトリートメントで髪が良くならないワケ。

  • 2015.2.27
  • 1583 views

洗い流さないトリートメントに補修能力はほぼ無い!

まずはじめに知っておいて欲しいのは、

「洗い流さないトリートメント使ってるのに補修能力はほぼ無い」ということ。

これらは、補修を目的として作られてるモノでは無いんです。

目的は補修ではなく、“保護”と“保湿”

洗い流さないトリートメントの主な目的や効果は、

熱や乾燥や紫外線などからの『保護』と『保湿』。

つまり

「傷んでるトコを修復する」ではなく、

「今以上に傷ませないようにする」という目的なのです。

肌で言えば“日焼け止め”のような役割

夏場に肌に塗る日焼け止め。

塗ることにより、肌が茶色くなるのを防ぎますよね(=保護)

しかし、すでに茶色くなった肌に塗ってもその部分が白く戻るワケではないですよね(=補修ではない)

髪における洗い流さないトリートメントも同じなんです。

塗った部分が補修されるワケではなく、保護・保湿されるということ。

だから安心は禁物ですよ!

「私は洗い流さないトリートメントでホームケアしてるからバッチリ♡」なんて安心してるのはキケン。

良質な髪へと導いていくには適切な補修力を与えるサロンケアとホームケアが必須ですよ^ ^

最後に

いかがだったでしょうか⁈

洗い流さないトリートメントを使っている人はその“目的”を誤解しないように気をつけてくださいね^ ^

この記事を書いた美容師さん

杉崎タカヒロ

表参道のヘアケアのスペシャリストサロン

【Lily】所属。

頭皮環境アドバイザー/美髪コーディネーター

毛髪科学、薬剤知識に精通し、

“髪を綺麗に魅せる”ことをモットーに、本質からのヘアケア・頭皮ケアの秘密を毎日ブログとサロンワークで発信中。

LINE→taktak829

Twitter@tak_829

Mail→taktak829.compass@gmail.com