1. トップ
  2. ダイエット
  3. 習慣が美をつくる♡パーフェクトボディに近づく簡単な習慣

習慣が美をつくる♡パーフェクトボディに近づく簡単な習慣

  • 2018.8.5
  • 22176 views

決めたら行う!習慣化すれば生活はもっと美しくなる

憧れのモデルや女優が「毎日ヨガしています」「毎日スーパーフードのジュースを飲んでいます」など美容と健康のために行っていることを雑誌やテレビで述べているのを見ると、美しい人は日ごろから体に良い事を心がけていることが分かりますね。

でもその一方「私は忙しいから無理」と考えて初めから挑戦しようとしないかもしれません。

でも、できるかできないか決めるのはあなた次第。体の内と外を美しくする習慣は、隙間時間を上手に活用すれば出来る事ばかり。

その習慣をルーティンワークにできれば、脳でいちいち考えなくても機械的に体を動かすことができるようになります。

大事なのは「やる気」と「セルフコントロール」。やると決めたらその通りできるよう自制すること。

そうすればきっとあなたも憧れの女優さんのように美しく充実した生活を送れるようになるはず!

綺麗な人はみんなやっている!10の美習慣

美しい女性には「内面的美しさ」と「外面的美しさ」が関係しています。キレイな人は体の健康、肌の健康にあわせて心の健康にも気を配ります。

ここからはキラキラ輝く生活を送っている女性が行っている美習慣を見ていきましょう。

朝は出勤2時間半前には起きる

ギリギリまで寝ていたい気持ちはわかりますが、朝食をしっかり食べ、余裕をもって用意ができるよう十分な時間を取りましょう。リラックス作用をもたらす副交感神経は胃腸を刺激することでアップします。

朝食をたべて胃を刺激することで、副交感神経が優位になり、血管が緩み、血流がよくなります。血流がアップすれば体温も上がるので、気持ちよく一日を始めることが出来ます。

朝起きたらすぐに白湯を飲む

50度ほどに温めたお湯をゆっくり時間をかけて飲みましょう。

体を温め、寝ている間に失った水分を補給することが出来ます。内臓を活発化させ、便秘も解消されるので、毎日続けたい習慣です。

朝ごはんは発酵食品と野菜を中心に

腸内環境を整えると、栄養が吸収しやすいカラダになり、肌質も改善されます。そのためにもヨーグルトやチーズといった発酵食品を積極的に摂りましょう。

ビタミン豊富な野菜もしっかり摂りたいですが、生野菜のサラダは体を冷やしてしまうので、温野菜にするかスープで摂るといいでしょう。

朝の5分を使ってラジオ体操

寝ている間に体温は低下し、カラダは硬くなっています。朝起きると腰を回したり伸びをしたくなりますよね。これは筋肉が固くなり、がちがちになっている証拠。

朝起きたら5分使ってストレッチを行いましょう。体温が上がれば免疫力もアップし、リフレッシュ効果もあります。頭が冴えた状態で出勤できますよ。

どんなストレッチをすればいいかわからない場合はラジオ体操をしてみましょう。バランスよく体中の筋肉をほぐせられるように作られています。日本人ならあの音楽を聞くだけで自然に体が動いてしまいますよね♪

姿見鏡を見る癖をつける 

人は見られていると思うと美しい姿勢を意識するものです。

頭の先から指の先まで美しい立ち振る舞いをするためにも姿見の鏡や、ウィンドウに映る自分の姿を見ることを習慣にしましょう。

これはナルシストだからではありません。

背筋を伸ばして歩けているか、膝を曲げず大股で歩けているか、胸を張れているかの確認のため、自分の姿が鏡やガラスに映ったらチラッと横目で見て、自分を第三者目線で見るよう意識しましょう。

電車では座らず姿勢を正して

動く電車の中で背筋を伸ばして立つことで体幹を鍛えることが出来ます。ジムに行く時間がないならば日常生活で体をシェイプアップできる機会を探しましょう。

窓の方を向いて肩幅に足を開いて立ち、頭頂部と足の土踏まずが一直線になるように姿勢を正して立ちます。こけないようにバランスを保つことでインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

歯ブラシは常備して食後は歯磨き

歯は女の命。いくら他の部分をキレイにしていてもニコッと笑った歯が汚かったら台無しです。

口臭があるのもマイナスポイントに。

人と会う前、お菓子を食べた後、コーヒーを飲んだ後、こまめに歯磨きをしましょう。

甘酒を飲む習慣をつける

飲む点滴とも言われるほど栄養価の高い甘酒。

ビタミンB群、アミノ酸、食物繊維が豊富で疲労回復に効果があります。

疲れを感じたらコーヒーより甘酒!

寝る前のリンパマッサージ

一日仕事した足はパンパン。重力の影響で血液や体内のリンパ液が下がってしまっています。リンパの流れを良くするためにリンパ節を刺激し、老廃物を流しましょう。

鎖骨、耳の横、エラ、首、ワキ、太ももの付け根などにあるリンパ節に老廃物を流すようなイメージで、手に圧をかけてマッサージしていきましょう。

夜のゴールデンタイムには就寝を

成長ホルモンが出て肌を修復するゴールデンタイム(22時~02時)にはしっかり睡眠をとれるようにしましょう。

生活習慣は乱さず、睡眠時間を固定することで朝起きた時も体はだるくなりません。

どれも簡単なものばかり。でも意識しないとできないものばかり。

ちょっとの意識であなたの生活はぐっと良いものになるはずです!

いつもの生活に一工夫加えて、もっと彩のある人生を送りませんか?

元記事で読む