1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 医師が実践!素足に自信がつく、臭い対策と足先ケアのコツ

医師が実践!素足に自信がつく、臭い対策と足先ケアのコツ

  • 2018.8.5
  • 3933 views
女性の足裏

意外に見落としがちなのが足先

サンダルの季節ということで、今回は足のケアについてご紹介したいと思います。

ケアがおろそかになりがちで、意外と悩みが多いのが足先。
足の臭い、ガサガサ、ひび割れなどは、同性だけでなく男性も意外と見ているようです。職業柄、素足を見る機会が多いですが、足先まで美しくケアできている人は正直少ないと思います。

臭いの点からいえば、実はサンダルやブーツは臭いやすいです。また、化学繊維であるストッキングも臭いやすい。これはソックスなど、足の汗を吸収してくれるものが無いことが理由です。

ゴールドのサンダルをはいた女性

臭い対策には、靴を毎日変え、できれば綿素材の靴下をはくほうがいいです。
また、爪のまわりや指と爪の間にたまった垢や汚れも臭いの大きな原因になるので注意しましょう。

足のガサガサやひび割れは、足に角質がたまって潤いがなくなり、層になってしまった結果です。実はこれは見た目の問題だけでなく臭いの原因にもなります。角質は靴の刺激や圧迫で悪化するため、ヒールの高い靴やサンダルをはくと、足裏の中心やかかとのまわりなど、体重をいちばん支える箇所に角質がよりできやすくなります。

これらの対策をするだけで、足はかなりキレイな状態を保てます。

キレイな女性の足元

まずは、ていねいに足を洗うこと、毎日靴を変えること、クッション性の高い靴を選ぶこと、そしてスニーカーと綿ソックスで休足日をつくることを心がけてみましょう。

続いては、丸田先生が実践するケア法をご紹介します!

 

 

丸田先生が実践する足先ケアとは?

加えて、私のおすすめケアをご紹介します。

たまってしまった硬い角質はとるしかありません。角質をとるにはファイルと呼ばれるやすりや、専用のパックやジェルなどを使う方法があります。角質除去を行う前は必ず足浴をして、皮膚を柔らかくしてから行います。ファイルを使う場合は足の裏の線に沿って行い、削り過ぎないように十分注意しましょう。刺激を与えすぎるとまた角質ができやすくなってしまいます。

そして、いちばん大切なのが角質除去後の保湿。保湿をしっかり行うことで、そのあとまた角質ができるのを予防することができます。

足先にクリームを塗ろうとしている女性

足浴の際は、お湯に少量のハッカ油と重曹を混ぜるのがおすすめです。どちらも防臭効果に優れており、ハッカ油は清涼感も得られるのでこれからの暑い季節には特におすすめです。臭いの原因になる爪まわりは、ガーゼなどでていねいに拭います。足浴をしながら同時に湯気でリラックス。ハッカには鼻や喉の調子をよくする効果もあるんです。

あまり頻繁に角質を削ると肌を傷めてしまうので、普段のケアにはスクラブを。おすすめはコーヒースクラブです。家で飲んだコーヒーの出がらし(湿った状態のもの)にオイルを混ぜてつくります。コーヒーには消臭効果もあります。混ぜるオイルはなんでもよいですが、保湿効果と美白効果が高いアルガンオイルやアーモンドオイルがおすすめです。足浴を行ったあとに、読み終えた新聞などの上で「コーヒースクラブ」を使いマッサージをします。

ビンに入ったコーヒースクラブ

サンダルをはくようになると足の甲を露出するので、日焼けにも気をつけたいところ。出かける前は日焼け止め効果のあるボディクリームを使い、夜は顔に使用した化粧水や美容液をしみこませたコットンを最後に足の甲にも使ってケアします。

靴を脱いでも自信がもてる足先を!

オリジナルサイトで読む