1. トップ
  2. カラテカ矢部に麒麟川島が助言「莫大な印税は人生を壊す」

カラテカ矢部に麒麟川島が助言「莫大な印税は人生を壊す」

  • 2018.8.5
  • 134 views
カラテカ矢部太郎が「さんまのお笑い向上委員会」に登場
2010年ザテレビジョン撮影

8月4日に放送された「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に、カラテカがゲスト出演。「大家さんと僕」で、見事手塚治虫文化賞「短編賞」を受賞したカラテカ矢部太郎が、明石家さんまとの感動エピソードを漫画で表現する場面があった。

【写真を見る】印税で生活が大きく変わった人物を間近で見てきた麒麟・川島明

大家さんとの日常をハートフルに描いた力作「大家さんと僕」は、既に55万部を突破。受賞後矢部は「お笑い芸人が僕の本業なんですけども、人前でうまくしゃべることが苦手で、でも、そのうまく言葉にできない気持ちを、これからも少しでも漫画にかけたらいいなと思います」とスピーチし、会場中の誰もが涙したという。

この流れを受けた麒麟・川島明は「矢部よ! 莫大(ばくだい)な印税は人生を壊すので気をつけろ」と助言。川島の相方・田村裕が、かつて書いた自伝「ホームレス中学生」が225万部のベストセラーとなり、2億以上もの印税が入ってきたものの、その後それによって人生を狂わされ、今ではバスケットボール漬けの毎日を送っていると嘆いた。

矢部は、印税の取り分が吉本興業と半分ずつになっていると告白。「僕、お金は使わないので(大丈夫です)。大家さんには猫ちゃんが書いてあるコップを買ってあげました」と語るが、ひな壇の芸人からは「せこっ! 猫を買うてやれや!」とツッコミが入り、あわてふためく矢部の姿が印象的だった。

さらに矢部は、さんまとの感動エピソードを漫画に。さんまの誕生日に、さんまの顔を描いた貼り絵をプレゼントしたところ、さんまは「手作り、うれしいわ~。お金ないんやな」とコメント。

カラテカの二人に1万円ずつ渡し、その後も毎年1万円ずつお小遣いとしてあげていたそうで、ひな壇芸人たちからは「カッコいい!」と感動の声が上がった。

ネット上では、「カラテカの矢部さんの容姿や文章に人の良さがでている」「漫画読んだけど、矢部さんって優しい人だよなぁ」「苦節20年目にして、手塚治虫大賞受賞。努力したものは報われるね」などのコメントが殺到していた。次回は、8月11日(土)放送予定。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む