1. トップ
  2. ファッション
  3. 【桐谷美玲♡結婚おめでとう記念】ハイブランドの新作バッグたっぷり魅せます

【桐谷美玲♡結婚おめでとう記念】ハイブランドの新作バッグたっぷり魅せます

  • 2018.8.5
  • 1342 views

おしゃれ好きのマストハブにして、秋冬トレンドのムードをいち早く感じられるプレフォールコレクションが、憧れブランドの店頭に出揃いました! 今回は、シャネル、グッチ、ルイ・ヴィトン、ディオール、プラダそしてフェンディの人気6大ブランドの新作バッグを、カバーモデルで女優の桐谷美玲がナビゲート! 結婚を発表したばかりの彼女のハッピーオーラを、モードな風とともに思いっきり享受して♡

美玲が運ぶ♡ プレフォール新作バッグの秋の風

undefined
出典:@BAILA【CHANEL(シャネル)】 ブランドのアイコンであるキルティングとVステッチのバッグをドッキングさせたような遊び心がきわだつデザイン。秋らしいこっくりとした色のグラデーションが美しく、トレンドを先取りするのにぴったり。クロスボディにしても可愛い! バッグ(21×22× 7 )¥461000・ブラウス¥194000・パンツ¥190000・帽子¥146000・帽子につけたブローチ¥103000・ネックレス¥194000・シルバーブレスレット(上)¥603000・ゴールドブレスレット(下)¥88000/シャネル
undefined
出典:@BAILA【GUCCI(グッチ)】 デイリーに必要な最小限のアイテムがコンパクトに収まる絶妙サイズ。しっとりとした質感のベルベット素材とアンティークゴールドのダブルGハードウェアという組み合わせが、鮮度の高いカジュアルにほんのりクラシックな雰囲気をプラスしてくれる。繊細なチェーンづかいで、フェミニンなバランスに仕上がるのも魅力。バッグ(10×18× 5 )¥110000・シャツ¥175000・パンツ¥110000・リング¥50000・靴(5.5)¥105000/グッチ ジャパン(グッチ)
undefined
出典:@BAILA【LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)】 シンプルなボストンに見えて、ロックを開けると上部が大きく開くドクターズバッグスタイルの新作。光沢が美しいブラックのカーフレザーと"モノグラム"を組み合わせたシックで大人っぽい配色が引き立ち、エレガントなドレスをぐっとモダンな表情に仕上げてくれる。バッグ(18×25×16)¥452000・ワンピース¥462000(予定価格)・ピアス¥92000・バングル¥76000・リング¥45000・靴(10)¥267000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)
undefined
出典:@BAILA【Dior(ディオール)】 バッグそのものは正統派の端正な作り。そこにブランドのロゴをアレンジしたキーロックや大ぶりのチェーンをあしらうことで、今を感じさせるモードに昇華。オーセンティックとトレンドのバランスが、シアーなブラウスとメタリックパンツを合わせた上級マニッシュスタイルにマッチ。バッグ(17×24×7.5)¥380000・ブラウス¥240000(参考価格)・パンツ¥170000(参考価格)・帽子¥125000・ブレスレット¥72000・靴(2)¥126000/クリスチャン ディオール(ディオール)
undefined
出典:@BAILA【PRADA(プラダ)】 ラウンドジップのチェーンバッグは、なんといっても見た目以上の収納力が魅力。シャープなメタリック素材に施されたグラフィカルなステッチが、アクティブな印象を後押ししてくれる。ギンガムチェックのコットンワンピースにバッグとスニーカーでスポーティムードをトッピング。トレンドのミックスマッチを楽しみたい! バッグ(13.5×21×8)¥143000・ワンピース¥167000・靴(1.5)¥83000/プラダ クライアントサービス(プラダ)
undefined
出典:@BAILA【FENDI(フェンディ)】 1997年のデビュー以来、素材やデザインのアレンジを加えながら進化し続けているアイコニックな"バゲット"。今回のコレクションでは、シアリング加工のシープファーを使った、原点回帰デザインが復活。コンパクトに持てるショルダーハンドルのほか、ロングストラップも付属。クロスボディとして、カジュアルなアレンジも楽しめる。バッグ(14×26×4)¥287000・ブラウス¥181000・スカート¥138000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

撮影/土屋文護〈TRON〉、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/佐々木貞江 スタイリスト/加藤かすみ〈TRON〉 モデル/桐谷美玲 取材/発田美穂 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2018年8月号掲載

オリジナルサイトで読む