1. トップ
  2. 恋愛
  3. ダメ男と別れられない理由は?『ヒモメン』的“共依存カップル”を徹底解説

ダメ男と別れられない理由は?『ヒモメン』的“共依存カップル”を徹底解説

  • 2018.8.4
  • 11845 views

7月28日にスタートしたドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)をご覧になりましたか?

働かない、家事もしない、それどころかギャンブルばかりの翔(窪田正孝さん)は、「これぞクズ!」と誰もが認めるようなヒモメン。

そんな彼氏をなんとか更生させ、働かせたいゆり子(川口春奈さん)は、なんだかんだと甘やかしてしまいます。

彼女は、すがすがしいといえるほどの「ヒモ男」を変えられるのでしょうか?

■共依存カップルは案外多い

人間は、楽できるならとことんそちらに流されがち。

翔は「ゴミ捨て一回500円」みたいに、給料制にしてもまったく動こうとしません。さらにお金を全部ギャンブルにつぎ込んでしまうなど、とんでもない「ヒモメン」です。

それでも、ゆり子は彼を養い続けます。傍から見て、なんでこんなクズ男と一緒にいるの?と思う人も多いでしょう。

実際、世の中には、どう考えても片方が一方的に寄生していて、しかもちっとも幸せそうに見えないのに、なぜか別れないカップルっていますよね。

このような場合、「共依存」状態に陥っている可能性が高いのです。

今回は「共依存」について徹底解説していきます。

■別れられないのではなく、別れたくない

「共依存」とは、読んで字のごとく「お互いに依存し合っている」状態をさします。

そう聞くと、え?と不思議に感じる人がいるかもしれません。

前述のドラマでいえば、翔がゆり子に依存しているのはまぎれもない事実ですが、ゆり子は別に、翔に依存していないと思うのでは?

「依存」というのは、それがなければ生活できない(自立できない)、あるいは精神的に安定できない(自律できない)状態です。

経済的に負担をかけている側が自立を拒んでいるのは明らかですけれど、実は負担をかけられている側も自律できず、相手に依存していることが多いんですよね。

特に自己価値が大変低い人が、これに当てはまります。

だから「都合がいい女」として必要とされているだけでも、それによって「自分は存在してもいいのだ」と思えて精神的に安定するのです。

それどころか、ヒモメンが

「君がいないと(生活できなくなるから)困る」

と言っていたとしても、

「君がいないと(好きだから)困る」

と脳内変換して捉え、相手に対して強く出られなくなってしまいます。

自ら己の価値を築いていく気概を持てず、本音はどうあれ自分を求めている人がいることを、とりあえずの「価値」として納得しようとする。

それは働く気概を持てず、とにかく誰かの元にやっかいになって「生活」をしようとする「ヒモメン」と同じですよね。

結局、どちらも「相手に甘えていたい」から別れたくないのです。

■不幸を愛するカップルもいる

では「共依存」はいけないかというと、一概にそうとも言い切れません。

たとえ第三者から見てどんなにいびつであっても、当事者間で需要と供給が満たされていれば、関係は成立します。

とはいえ、片方が搾取し、もう一方が供与し続けるという関係は、健全とは言いがたいです。

共依存の関係にいる人の多くが、パートナーを評して「○○がなければ、いい夫(恋人)」と言っているのを耳にします。

この○○に、「ギャンブル」や「お酒を呑む」「浮気をする」などを当てはめてみたらわかる通り、それは確実に「いい人」ではありません。

実際は「○○がある限りダメな人」なんです。

その事実に向き合った上で、それでも共依存に甘んじたいならそこは本人の自由ですが、受け入れがたいと思うなら「無理」をしている証拠。

速やかに、その関係から抜け出すべきでしょう。

■まとめ

「共依存カップル」の徹底解説、いかがでしたか?

本心に嘘をついても不幸になるだけです。

もし心あたりがあって、ちゃんと幸せになりたいと願っているなら、自律できるよう一歩を踏み出しましょう。

相手と距離を置く勇気が持てたとき、「自分らしさ」を取り戻すことができますよ。

ライタープロフィール
黒木 蜜
一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。
Webサイト:黒木 蜜~中今の詩~

元記事で読む