1. トップ
  2. 恋愛
  3. アラサー女性が「私、年取ったな…」と悟った瞬間

アラサー女性が「私、年取ったな…」と悟った瞬間

  • 2018.8.4
  • 35329 views

人は日々年を取っていく生き物ですが、心のどこかでは「自分はいつまでも若い!」と思っていたりするもの。
しかしあることをきっかけに、ふと「私も年を取ったんだな……」と実感することもあります。でもそれって一体どのようなことなのでしょうか? リサーチしてみました!

1. 翌々日に筋肉痛

「久しぶりに球技をしたんだけれど、割と動けたんです。しかも筋肉痛も来ないから、『私もまだまだイケるじゃん!』と思っていたら、翌々日に恐ろしい筋肉痛がやってきました……」(30代/保険)

▽ これは自分の年齢を感じさせられますよね。筋肉痛がやってくる遅さと痛みのダブルで悲しくなってしまいそうです。

2. 自分より若い人が活躍している

「スポーツ選手も俳優も、自分より若い人がどんどん活躍している。こうやってオバサンになっていくのかと思うと、ちょっと怖いですね」(30代/経理)

▽ 次世代が成長し、いまでは10代~20代前半の男女が多く活躍しています。彼らと自分の年齢差を知って、「こりゃ私も年を取るわけだ……」なんて考えてしまうようです。

3. 脂っこいもので胃もたれをする

「昔は夜でも普通に脂っぽいものを食べていたんだけれど、いまじゃ無理ですね。絶対に次の日に引きずっちゃいます」(30代/IT)

▽ 年齢を重ねるごとに、食べ物にも変化が出てきます。昔は暴飲暴食をしていたのに、最近では健康食品や体に良いものを摂取するように。また脂っこいものを食べると胃もたれしてしまうため、控えるようになった女性も少なからずいるようです。

4. テレビのセリフを聞いて

「この前朝ドラで『28歳だけど結婚も恋人も仕事もない。私には何もない』と言っているのを聞いて、『33歳の私はどうすれば……』と思ってしまった。まだまだ若いつもりでいたけれど、動きださなきゃヤバいのかなって、ちょっと焦りが生まれましたね」(30代/不動産)

▽ もちろん28歳も十分若いし、30代だって人生まだまだこれからです! とはいえこういったドラマのセリフを聞いて、「自分にも当てはまることがあるかも……」と年齢を意識することもあるようです。

5. 「昔は良かった」と言ってしまう

「女友達と『昔のほうが良い歌手もたくさんいたし、あの時のほうが良かったよね~』と盛り上がっていた時。ふと『これって年を取ったってこと……?』と自分が怖くなった」(20代/経理)

▽ たしかにやたら昔ばかりを美化していると、年を取った感じがしますよね。過去を懐かしむことは悪くないでしょう。でもそれを若い人に押し付けてしまうと、「面倒くさい人だな」「いまの楽しさについていけていないんだ……」と、それこそオバサン扱いされてしまうかも……。
いまだからこその良さも見つけられると、より人生が楽しくなりそうですね。

オリジナルサイトで読む