1. トップ
  2. レシピ
  3. 電子レンジで楽々調理♪ もりもり食べられる「なすの牛もやしあんかけ」

電子レンジで楽々調理♪ もりもり食べられる「なすの牛もやしあんかけ」

  • 2018.8.3
  • 2249 views
「なすの牛もやしあんかけ」
料理:きじまりゅうた 撮影:安井真喜子

なすに下味をつけてから電子レンジで加熱することで、味がしみ、色や照りがよくなる。

煮る、炒める、蒸すなどあらゆる調理法に合う「なす」。今がまさに旬まっさかりで、紫色の小さな体にギュッとうまみが詰まっています。油と一緒に料理すると色鮮やかに仕上がるので、油を上手に取り入れたメニューにチャレンジしたいところ。

今回は、牛肉ともやし入りで大満足の「なすの牛もやしあんかけ」を紹介しましょう。下味の段階でなすにごま油、塩、こしょうをまぶしておくのがおいしく作るコツ。こうばしさが引き立ち、味なじみもよくなります。オイスターソースをきかせたボリュームたっぷりのあんをからめて召し上がれ。

なすの牛もやしあんかけ

【材料・2人分】

牛切り落とし肉 100g、なす 大3個(約270g)、もやし 3/4袋弱(約150g)、白すりごま 小さじ1/2、合わせ調味料(オイスターソース、酒 各大さじ1、砂糖、片栗粉、しょうゆ 各大さじ1/2、水 1/2カップ)、ごま油、塩、こしょう、片栗粉、一味とうがらし

【作り方】

1. なすは六つ割りにし、水にさっとさらして水けをきる。耐熱皿にのせ、ごま油大さじ1をかけ、塩、こしょう各少々をふって混ぜる。ラップをかけて電子レンジで約4分加熱し、そのままおく。

なすに下味をつけてから電子レンジで加熱することで、味がしみ、色や照りがよくなる。
KADOKAWA

2. フライパンにごま油大さじ1/2を中火で熱して牛肉を入れ、片栗粉大さじ1/2を全体にふりかけて炒める。肉の色が変わったら、もやしを加えてさっと炒める。合わせ調味料を加えて混ぜ、あんを作る。

3. なすを器に並べ、あんをかける。ごま、一味少々をふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分321Kcal、塩分2.0g、調理時間10分)

なすの加熱を電子レンジにお任せしている間にあんを作れば、時短につながります。同時にアツアツの状態ででき上がるように、手際よく調理するのがカギ。合わせ調味料の材料を計っておいたり、牛肉をカットしておいたりと自分なりに工夫するといいかも。(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む