1. トップ
  2. グルメ
  3. サツマイモ&ココナッツでほんのり甘辛! 菊名で素朴な南ベトナムカレーを体感

サツマイモ&ココナッツでほんのり甘辛! 菊名で素朴な南ベトナムカレーを体感

  • 2018.8.3
  • 2550 views

ココナッツやナンプラーがきいたベトナムカレーは、どこか素朴であたたかみを感じるおいしさ。屋台料理とは違う、家庭料理を食べに菊名に行こう!

【写真を見る】「パインコット」(750円)。日本ではあまり目にしない料理。味が気になる独特な見ためをしている

タイやインドのカレーとは一味違う、ベトナム独特の味が楽しめる
(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久

南ベトナムの郷土料理でほっこり

南ベトナム出身、オーナーシェフのウェンタンハオさんが腕をふるう。「誕生日の予約の際は、お店から1品サービスしますよ」
(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久

菊名駅から徒歩8分、知る人ぞ知るベトナム料理の名店「カイユァ」。カイユァとは「ココナッツの木」という意味。南ベトナム出身の主人が作るのは、地元の郷土料理を中心とした多彩なメニューだ。ちなみに一番人気は「カレーライスと鶏肉のフォー」(850円)。南北で味の違いがあり、北の方はあっさり系、南の方は味が濃いめとのこと。お店のメニューもしっかりとした味が特徴となっている。カレーはご飯またはブン(ビーフン)をセレクト可能。ランチは定番の3種と日替わりの1種、計4種から選ぶことができ「フォー・ガー・ランチ(生春巻き&揚げ春巻き、パパイヤサラダ、フォーのセット)」(800円)が人気。夜はコラーゲンたっぷりの「ベトナム風の煮込み」(780円)が好評とのこと。

「カイユァカレーライス」(850円)。ココナッツ風味のチキンカレーは、具材にタマネギ、レモングラス、サツマイモ。ほんのりした甘辛い味わいとスパイス感のバランスが絶妙
(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久

ご夫婦が営む、どこかホッとする家庭的な雰囲気のベトナム料理店。日本人好みの味のアレンジも可能なので、リクエストや味の好みがあったらどんどん相談しよう。

サイドメニューもベトナムらしさ満載

【写真を見る】「パインコット」(750円)。日本ではあまり目にしない料理。味が気になる独特な見ためをしている
(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久

「パインセオ」の生地にエビをのせた、ベトナム風のプチグラタン、ブンタウ名物「パインコット」(750円)。外はカリッ、中はふんわり食感で、ココナッツが隠し味。野菜で巻いたあと、ナンプラーをつけて味わう。

濃厚なデザートはクセになるおいしさ

「ベトナムプリン」(300円)。料理だけでなくデザートも深みのある味わい
(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久

「ベトナムプリン」(300円)。卵と牛乳、コンデンスミルクで作ったカスタードプリンに、ベトナムコーヒーをかけて完成。プリンの甘さとベトナムコーヒーの濃厚な味わいがベストマッチ。テイクアウトでも販売してほしい!!

住宅街、マンションの1階にある隠れ家のようなレストラン。壁には、ベトナムの駅前の景色を描いた大きな絵が
(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久
緑の看板が目印。アルファベット表記は「Cay DuA」。車だと迷う場合があるので、カーナビなどでしっかり確認を
(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久

南ベトナムの濃い口の味が特徴の「カイユァ」。ほかのアジア料理店と食べ比べてみるのもオススメだ。(横浜ウォーカー・取材・文=石澤理香子、撮影=宮川朋久)

オリジナルサイトで読む