1. トップ
  2. スノーホワイツ解散か!? 栗山千明らのモチベーション&運気もどん底に

スノーホワイツ解散か!? 栗山千明らのモチベーション&運気もどん底に

  • 2018.8.3
  • 467 views
dTVのオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」第7話が配信中。スノーホワイツ解散を伝えるニュースが飛び込んでくる
(C)エイベックス通信放送

【写真を見る】けんか勃発でスノーホワイツ空中分解の危機!?

dTVのオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」第7話が、2018年8月3日(金)に配信される。

同作は、宮木あや子原作、栗山千明、安達祐実らがアイドルグループ“スノーホワイツ”に恋をし、“35歳オンナ”の本音を描いたヒューマンコメディー。

第6話では、かつてプロBL作家としてデビューしたものの、時代の流行に乗れず今はネットでスノーホワイツの同人小説を書き、アルバイトで生計を立てる片岡真弓(富山えり子)が登場。

山田(安達)の誘いにより、初めて生のスノーホワイツ、そして“推し”であるマッシュこと大船眞秀(聖貴)を見た片岡はその感動をメモにしたためる。そのメモを美佐代らに見せることになった片岡に、一同は関心を寄せる。

そんな中、デビュー作のファンに会った片岡は、美佐代(栗山)らの励ましにより一念発起するが、そこにスノーホワイツ解散を伝えるニュースが飛び込んでくる。

第7話と、最終話の第8話は原作にないオリジナルストーリーをdTVで映像化

“ホワラー”たちを絶望の淵に突き落とすかのような衝撃の展開から始まる第7話。

スノーホワイツのマネジャーが独立するというニュースに、美佐代らは最近起きた事務所のスキャンダル隠しで、ダミーだと思うことに。だが、スノホワの暗い先行きを示すかのように、美佐代らに不運が付きまとう。

一方、レッスン場ではスノーホワイツのメンバーが、マネジャーと連絡が取れない中、練習を続けていた。

スノーホワイツ解散危機をただのうわさだと信じていた美佐代(栗山千明)だったが、夫・修一郎(袴田吉彦)から事実を突き付けられる
(C)エイベックス通信放送

そして、ぎっくり腰を患った美佐代は夫・修一郎(袴田吉彦)から、ことの真相を聞く。それぞれが、それぞれの不幸に見舞われる中、雅は父・剛蔵(山田明郷)の仕業と疑い確かめに行くが、一蹴されてしまう。

その後、剛蔵に言われたことを思い出した雅と時を同じくして、美佐代はあることを思いつく。

マネジャーから事務所の危機を知らされ、がくぜんとするスノーホワイツ
(C)エイベックス通信放送

スノーホワイツが参加したラジオの公開収録が行われ、運よく参加できた美佐代らだったが、その直後、天国から地獄へ急転直下の出来事が起きる。

それは、彼らの事務所の倒産によるスノホワ解散の危機という何ともショッキングなニュースが飛びこんでくるのだった。

ことの真相が分からない一方、スノーホワイツのメンバーは練習に励むが、マネジャーから真相が語られる。

自暴自棄になるみらい(岩岡徹)、眞秀などメンバー間でも齟齬(そご)がでてきて、正式発表の前に早くも空中分解のピンチが訪れていた!

物語の最後で、何かを思いついた美佐代と雅が再びタッグを組みそうなシーンが描かれているが、果たしてスノーホワイツ、ホワラーたちの運命は…。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む