<半分、青い。>視聴者真っ二つの大反響!“夢には家族邪魔”涼ちゃん派、“目を覚ませ”鈴愛派!!

第107回(8月3日放送)シーンより。涼次の思いを真正面から受け止めようとする鈴愛
(C)NHK

【写真】「家族捨てるんか!」と涼次を一喝!!ファンからの反響も大きかったシーン

永野芽郁演じるヒロイン・森山(楡野)鈴愛の怒涛の半生を描く連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜夜8:00-8:15ほか、MHK総合ほか)で2日、離婚を切り出した鈴愛の夫・涼次(間宮祥太朗)の真意が明かされた。

「映画監督なんて特別なものになるには、普通の幸せの場所にいたらダメだと思う」と語る涼次に、視聴者からは「理解できる」「共感した」の声も上がり、鈴愛擁護の声との間で論争となっている。

鈴愛への「かわいそう」の声多数

第107回(8月3日放送)シーンから。鈴愛は、光江から涼次の様子を聞く
(C)NHK

第105回(8月1日放送)で、涼次は娘・花野(山崎莉里那)の5歳の誕生日に突然「別れてほしい」と切り出し、「退路は断ちたい」「生活は不安定になる。僕は定職につかない」「家族は、邪魔になる」と鈴愛を突き放した。離婚の理由ではなくただただ映画への熱意を語る涼次を、鈴愛は「意味わかんないんだけど」「目を覚ませ!」と受け止めることができないでいた。

その後も涼次は、叔母の光江(キムラ緑子)に土下座して「大納言を辞めさせてほしい」というばかり。あまりにかたくなな涼次の言動に、視聴後のファンから聞こえてくるのは「理解できない」「鈴愛がかわいそうすぎる」といった鈴愛擁護の声だった。

涼次が語った「両立できない理由」

訪ねてきた光江に涼次は離婚の真意を伝える
(C)NHK

そんな中、2日放送の第106回では、衝撃の別れ話から数日後が描かれた。鈴愛が自宅で涼次の帰りを待つ一方で、頭に血が上った叔母の光江と麦(麻生祐未)は、涼次を連れ戻すため、涼次が身を寄せる映画監督・元住吉祥平(斎藤工)の事務所兼自宅に押し掛けた。

そこで涼次は改めて、離婚の真意を口にした。なぜ結婚したままで映画監督ができないのかという光江の問いかけに、涼次は「鈴愛ちゃんは愛しいし、カンちゃんはかわいすぎる。それで、自分がいっぱいになる。それで自分は終わる」と思いを吐露。

自分の場合は、と前置きしつつ「映画監督なんて、何万人の人があこがれて一人しかなれないような特別なものになるには、普通の幸せの場所にいたらダメだと思う」と言葉を重ねた。

涼次の覚悟に「わかる」の声も…

涼次の突然の別れ話に困惑する鈴愛…どうする?
(C)NHK

SNSでは前日に引き続き「鈴愛の言ってることは正しい」「鈴愛の気持ちが痛いほどわかる」など、鈴愛を擁護する声が。

「あさイチ」(NHK総合)ではMC・博多華丸が「夫婦間の話はさ、ちょっとやっぱり見守るというか…。そりゃ思うよ、涼ちゃんは極端だと。いいやん、別に家族いながら監督したって、と思うけど、そこはもう夫婦間の問題だから」と退きつつも、「“鈴愛派”ですよ、我々は。小さい頃から見てたから」と鈴愛にエールを送った。

しかし一方で、離婚の真意を語った涼次に共鳴する声も増えている。

「涼次は家族への愛で自分のクリエイターとしての心が鈍ってしまうのが怖いんだ」「涼ちゃんのハングリーでないと創作できないっていうの、理解できる」といった涼次の創作への向き合い方に共感する声や、「状況からいえば鈴愛のつらさの方が本物のはずなのに、間宮くんの演技がうまいから共感してしまって涙が止まらない」といった声も。

そうした盛り上がりの中で、脚本家の北川悦吏子氏も自身の公式Twitterで「『孤独』で『ひとり』でないと、立ち上がらないものがある、と私なんかは思います」と創作者としての思いを明かした。

かつてはクリエイターでありながら、結婚し母となって現実の厳しさを見据える“生活者”の鈴愛と、今まさに“創作者”として夢の実現を優先したい涼次——。SNSは、鈴愛と涼次それぞれを自分自身に置き換えて思いを吐露するファンの声であふれている。あなたはどちらに共感するだろうか?

8月3日放送の第107回では、思い詰めた鈴愛が幼なじみ・律(佐藤健)の実家に電話する。夜になり、鈴愛は光江から涼次の様子の報告を受ける。そして、花野のためにも自分が涼次と直接会って話をしようと決意する。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。