1. トップ
  2. 恋愛
  3. 違和感はスルー禁止!? ケンカが多い恋人との国際結婚は考え直すべきか

違和感はスルー禁止!? ケンカが多い恋人との国際結婚は考え直すべきか

  • 2015.2.27
  • 844 views

【相談者:20代女性】

彼は外国人で遠距離恋愛中です。年に2、3回会っていて、連絡は週に5日はとっています。最近よく喧嘩するようになってしまったのですが、その原因はやっぱり価値観の違いや文化の違いが原因のような気がします。 資金が貯まったら結婚しようと話しているのですが、こんなに喧嘩ばかりで、本当に結婚して一緒に暮らしていけるのかがとても不安です。

もっとお互い歩み寄るべきか、それとも結婚を考え直すべきなのか悩んでいます。こういうことがあれば結婚は踏みとどまった方が良いよ! なんてことありますか?

●A. え? と思ったら、一度考え直しを! この先ずっと続く結婚生活。腑に落ちないことは、スルー厳禁です!

はじめまして。国際恋愛専門家のCocoです。

結婚を予定していた彼と喧嘩が増えてくると、誰でもこのまま突き進むべきなのか、考え直す女性はたくさんいると思います。私の周りでも国際結婚をする予定だったのに、様々な出来事が発端となり、結婚を白紙に戻したという話は少なからず聞いたことがあります。

国際離婚経験者に話を聞いてみると、結婚前に少しでも首をかしげるような出来事があったら、それは思いとどまったほうが良いと言う人が多くいます。「文化が違うから仕方がない」「国が違うのだから、考え方が違うのも無理はない」と我慢を積み重ねていっても、いつかその我慢が爆発してしまう日が来てしまいます。

やはり、一度考え直した方が良いのかもしれませんね。

●いくら好きでも風習がネックに!?

結婚の話が進んでいたにもかかわらず、結婚式が迫り、結婚を白紙に戻した女性がいます。

彼女が言うには、知れば知る程、宗教や文化が受け入れられず、『この先日本で一生結婚生活を送ることを約束してくれない限り結婚できない』と相手に条件を提示し、話し合いを重ねて結婚を白紙に戻したそうです。

日々の生活に深く根付いた宗教に加え、親戚一同と親密に付き合う風習は彼女にとって受け入れられなかったことのようです。

宗教や文化、親戚との付き合い方など国によって様々です。日本の普通は通用しませんし、どんなことなら受け入れられるか、受け入れられないかは人によって違います。

こんな生活が何十年と続くのは無理かも? と少しでも首をかしげるようなことがあれば、一度冷静になって考え直した方が良いかもしれませんね。

●できれば結婚前に相手国に中長期滞在を!

パートナーの国でのリアルな生活はやっぱり体験してみるに限ります。

いくら本やインターネットで調べてみても、百聞は一見にしかず。ぜひ一度、まとまったお休みを取るなどして、中長期滞在をしてみてください。実際に体験してみないと見えてこないことは山ほどあります。

逆に、可能であればパートナーにも日本での中長期滞在をしてもらうことがオススメです。日本人への理解も深まり、お互い歩み寄った考え方に変わるきっかけとなるでしょう。

互いに理解を深め、よりよい関係が築けますように。

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

18歳で日本を飛び出し、インドネシアはバリ島へ留学。ヨーロッパにアジア、オーストラリアなどバリ島で仲良くなった友人は数知れず、多国に渡って交友関係あり。自身の国際恋愛体験や、色々な国の友人のリアルな恋愛事情を見てきたので、国際恋愛・国際結婚には特に詳しい。常にワクワクしていたい性分で、「人生はギャンブル」がモットー。とにかく好奇心旺盛で、とにかく即行動派な新米フリーライター。現在は、一児のシングルマザー。

元記事を読む