1. トップ
  2. ダイエット
  3. 動画|些細なことでイライラ…制御不能な感情をコントロールする2つのヨガポーズ

動画|些細なことでイライラ…制御不能な感情をコントロールする2つのヨガポーズ

  • 2018.8.2
  • 202 views
undefined
Cover image by Shoko Matsuhashi

原因は…背骨の詰まりによる自律神経の乱れ

不安や焦りを抱えすぎると胸が閉じて自律神経の束が通る背骨を圧迫、呼吸も浅くなり感情が不安定に。背骨を整えるワークで、心と上半身の力みをリリースしよう。

こんな不調を招きます!

自律神経の圧迫による
□呼吸が浅い □不眠 □イライラ □免疫力低下 □朝だるい □肩こり

解消ワーク1:椎骨の詰まりを広げる「半月のポーズアレンジ」

体を後屈前屈させて縮こまった背骨を引き伸ばし、椎骨の詰まりを取っていくワーク。深い呼吸をしながら行うと気持ちが落ち着き、胸を開くことで前向きな気持ちに。

HOW TO

1.四つん這いから両腕の間に右足をセット。右膝は壁を押すイメージで固定し、左脚は後ろに引く。息を吸いながら両手を高く上げ、息を吐きながら後屈し、背骨の伸びをじんわり感じる。3呼吸キープ。

POINT
骨盤は正面に向け、後方に引っ張られないよう注意。体が安定しないときは足幅を狭める。

2.両手を右脚の横につき、お尻を後方に下げながら右脚を前方に伸ばし、つま先は天井へ。右足のかかとで床をしっかり捉え、お腹と右腿を近づけて頭を下げて前屈。3呼吸キープ。後屈と前屈を3回ほど繰り返す。

POINT
上半身をリラックスさせてから背中を思い切り丸め込むと、背骨まわりのストレッチ効果が上がる。

解消ワーク2:背骨全体をゆるめる「両足を上げた逆転のポーズ」

解消ワーク1で背骨をストレッチさせた後、呼吸を整えながら背骨の緊張をほぐしていくワーク。精神をクールダウンさせる効果もあるので、ストレスを溜め込みやすい人におすすめ。

HOW TO

1.お尻と足裏を壁につけて仰向けになり、両手で両脚を軽く抱える。できる人は息を吐きながら両脚を胸のほうへ引き寄せると、腰から背中にかけて丸まってゆるみやすい。深い腹式呼吸で10呼吸キープ。

POINT
股関節まわりが硬く、両脚を引き寄せるのが辛い場合は、軽く抱えるだけでもOK。

2.お尻を壁につけたまま両脚を壁づたいに天井に伸ばし、両手は頭の下。両脚を壁に預けて血流の巡りを感じ、肩の力を抜き背骨を床に沈ませて脱力。シャヴァーサナのような解放感を味わう。10呼吸キープ。

POINT
お尻を壁につけると太腿に負担を感じる場合は、壁から離して力を抜ける位置を探す。

教えてくれたのは…佐藤ゴウ先生
IHTA理事、ヨガティーチャー。YMCにて各クラスを担当。他にもヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」を展開している。

photos&Movie by Shoko Matsuhashi
Movie edit by Urara Yamazaki(i-see)
text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.52掲載

オリジナルサイトで読む