1. トップ
  2. グルメ
  3. 名古屋・東区「キャラバン」の絶品!鉄板ナポリタンに舌鼓

名古屋・東区「キャラバン」の絶品!鉄板ナポリタンに舌鼓

  • 2018.8.2
  • 16365 views

名古屋観光の醍醐味といえば、レトロ感たっぷりの喫茶店めぐり。バリエーション豊かなモーニングもうれしいが、日中に訪れたらなごやめし・鉄板ナポリタンを楽しんでほしい。別名・イタリアンスパゲティとも呼ばれるが、アツアツの鉄板にナポリタンスパゲティ・ソース・フワフワ玉子の三位一体のコンビネーションがたまらない。絶品の鉄板ナポリタンが食べられる「キャラバン」を紹介しよう。

【写真を見る】人気No.1のイタリアンスパゲッティ(750円)。鉄板に乗る玉子は生クリーム入りなので、時間が経ってもふわふわ!

名古屋の喫茶メシ文化を守り続ける店

高岳駅1番出口から北へまっすぐ。茶色の屋根瓦が目印
KADOKAWA

1981年、地下鉄栄駅から北に10分ほど歩いたところ、白壁エリアで開業した。創業者は繁華街の錦3丁目で、バリバリ働いていたバーテンダー。日本バーテンダー協会の初代会長を務めた人物だ。

昔からバーテンダーの世界では引退すると喫茶店を開く人が多く、「いつか自分も喫茶店を出してみたい」という思いからキャラバンを開店。喫茶店らしからぬ絶品フードメニューが人気を博し、現在は父の味を受け継いだ息子さんが2代目として、キッチンと接客・会計まですべての業務を1人で切り盛りしながら、変わらぬ味を守り続けている。

喫茶店メシらしからぬ本格派

【写真を見る】人気No.1のイタリアンスパゲッティ(750円)。鉄板に乗る玉子は生クリーム入りなので、時間が経ってもふわふわ!
KADOKAWA

看板メニューのイタリアンスパゲッティのソースは、具材を赤ワインでじっくり煮込むことによって風味が増し、ケチャップの酸味を感じさせない。煮込まれた旨味をしっかり感じる本格派だ。

ふわふわ玉子と絡めるもよし、ソースのコクを楽しむためにパルメザンチーズを加えるもよし。最後まで飽きることなく、異なる美味しさを楽しめる一品だ。

その他にも、マヨネーズや味噌カツの味噌ダレもすべて手作り。作り手としてのこだわりはとどまるところを知らない。この味を求めて、地方から足を運ぶ常連客も多いのだ。

やきうどん(600円)。女性のリピート率No.1!ダシの味がしっかりとしていて、あと味がまろやか。鉄板で熱された卵は麺と絡めても良し
KADOKAWA

アツアツ鉄板モーニングに注目!

モーニングサービスは10:30まで。ドリンク1杯でしっかりとしたおかずもついておりボリューム満点。とてもお得なサービスだ
KADOKAWA

ドリンク1杯を頼むとフードが付いてくる、名古屋ならではのモーニング文化。キャラバンはモーニングも鉄板で出てくるので、熱々が楽しめる。高級食パンの厚切りトーストは、外はサクッと、中はフワフワでモチモチ。たっぷり塗られたバターの香りが口いっぱいに広がる。ボリューム満点のモーニングで、朝から元気もりもりに!

「どれを食べても絶対に後悔しない!」と自信を持って断言する店主の料理は、喫茶店メシの概念を覆されるものばかりだ。地下鉄桜通線・高岳駅から歩いて7分ほど、中心地から少し離れるが食べてビックリする価値あり。家では作り出せない味が詰まった「キャラバン」で、個性あふれる鉄板ナポリタンを堪能しよう!

昭和レトロたっぷりな雰囲気の店内。シャンデリアが華やかさを演出する
KADOKAWA

(東海ウォーカー・桑山 栞)

オリジナルサイトで読む