1. トップ
  2. ファッション
  3. 【agnès b】特集☆おしゃれなTシャツ・ワンピース・バッグで作るフレンチカジュアル

【agnès b】特集☆おしゃれなTシャツ・ワンピース・バッグで作るフレンチカジュアル

  • 2018.8.2
  • 17575 views

トレンドに流されずに長く着続けられて根強いファンに支持され続けている、フランスのファッションブランド「agnès b./アニエスベー」。今回はフレンチエスプリが効いたブランドのアイテムに合わせた、気負わない普段着のコーディネートをご紹介いたします。

シンプルで愛される、フレンチカジュアルブランド【agnès b】特集

休日スタイルにフレンチエスプリをプラス。アニエスベーのTシャツ

出典:zozo.jp

胸ポケットがアクセントになったシンプルで着回しの効くTシャツです。

デニムと白Tシャツの着こなしは、定番すぎるあまりマンネリ化してしまいがちですが、こんな風にロールアップして上質なアクセサリーをプラスすると個性が出ますね。

出典:zozo.jp

手書きメッセージのロゴが入ったTシャツを中心に決めたモノトーンコーディネート。

シンプルが潔いスマートなスタイリングはマニッシュな靴を合わせ、気負わない感じでセンスアップに。

出典:zozo.jp

遊び心のある小物使いで洗練されたスタイリングが完成しているコーディネートですね。

アクセントになるロゴプリントが小粋なTシャツは、コンパクトなサイズ感でフェミニンな雰囲気に仕上がっています。

出典:http://zozo.jp/

こちらはアニエスベーのロゴを刺繍で施して立体的に見せる、スパイスの効いたTシャツです。

インナーとしても映えるグリーントップスをネイビーパンツと合わせると好印象な仕上がりになりますね。

出典:zozo.jp

ロールアップになった袖が可愛らしいTシャツに、ベージュパンツを合わせた清潔感の漂うスタイリング。

ウエストインもアウトも決まる丈なので、ひとつあると重宝します。

出典:zozo.jp

アニエスベーらしいワンポイントの星がプリントされた注目度の高いTシャツです。

小物使いのセンスが光るスタイリングを辛口ヒール靴で締めると、大人の雰囲気がアップします。

出典:zozo.jp

続いてはフレンチカジュアルに欠かせないボーダーTシャツに合わせたコーディネートです。

丈夫な質感で長く使えるTシャツをチノパンに合わせたカジュアルコーデは、ベルトをきちんと締めて好感度もアップ。

出典:zozo.jp

太めのピッチのボーダーもひとつあると、着こなしが楽しめるアイテムですよね。

カジュアルなイメージが強い定番ボーダーにシアー感のあるフェミニンスカートで仕上げると、絶妙なバランスにまとまります。

出典:http://zozo.jp/

長袖のボーダーTシャツもそろそろ準備しておきたいアイテムですね。

透け感のあるスカートと合わせたモノトーンコーデに映える、赤いバレエシューズがアクセントになってワンランクアップの仕上がりに。

シンプルかつ洗練されたワンピース

undefined
出典:zozo.jp

シンプルの中にフレンチエスプリが効いているアニエスベーのワンピースは、一度手にしたら長く着続けたいですね。

ハイウエストで切り替えデザインを施してあるので、ふんわりとした女性らしい雰囲気を与えてくれます。

出典:http://zozo.jp/

しなやかな印象が素敵なブラックのワンピースは、身に着けるだけでフェミニンな仕上がりに。

無駄のないスッキリとしたデザインが大人の女性にマッチします。

コーディネートのアクセントに使いたいバッグ

出典:zozo.jp

キチンと締まるファスナーがあるのでセキュリティーの面でも安心なバッグ。

上質な雰囲気を兼ね備えてコーデのアクセントになってくれます。

出典:zozo.jp

気軽に持てるミニトートバッグは巾着仕様になっているので、中身が見えないという嬉しい一面も。

ブラック以外にもスタイリングのアクセントとして映える、カラーバリエーションが揃っています。

出典:zozo.jp

大きめサイズのトートバッグは様々なシーンに活用出来る優れモノ。

柔らかいアイボリーを鮮やかなグリーンのスカートに合わせると、爽やかな仕上がりに。

出典:zozo.jp

ブラックタイプのトートバッグはシックな印象が魅力的です。

ファッションコーディネートとカラーをリンクした仕上がりで、さらにセンスアップ。

まとめ

今回はフレンチカジュアルの代表ともいえる「agnès b.」をクローズアップしてご紹介しました。トレンドに流されず長く使えるブランドのアイテムを、ぜひチェックしてみて下さい。

オリジナルサイトで読む