絶対ダメ! 美容のために今すぐ見直すべき、お肌に悪いNG習慣7つ ~前編~

もっと美肌になりたい! と思っていても、効果が出ない。お肌のトラブルに悩んでいる方も多いですよね。そんな時は、美肌のために絶ちたい「NG習慣」を再度チェックしてみましょう。もうすぐ春本番、新生活に向けて美肌づくりも再スタート! 今回は、お肌に悪いNG習慣7つをチェックしてみましょう。

NG習慣1:朝食を抜いてしまう!

毎日朝から大忙し。できるだけゆっくり寝たい。そんな理由で朝ごはんを抜いていませんか? 朝食を食べないと、必要なエネルギーが不足してしまい体の朝スイッチがオンにならず、エンジンがかかりません。それだけではなく、お肌に必要な栄養も届かずに、肌あれやニキビの原因にも……。夜から昼の間、空腹状態が長く続くと、お昼ごはんや夜ご飯を食べ過ぎてしまう傾向が強くなり、脂肪を溜め込みやすくなるともいわれています! 健康・美容のために、朝ごはんはきちんと食べるようにしたいですね。できればヘルシーな和食がオススメです。

美肌をつくる朝食は?ご飯、納豆、お味噌汁、焼き魚など「THE日本の朝ごはん」は、お肌に必要な栄養素がたっぷり含まれています。そんな時間がない、食欲がない! という方は、温かいスープやみそ汁を飲むことから始めてみましょう。

NG習慣2:猫背、足組、頬づえ……姿勢が悪い!

デスクワークや家事、スマホの操作などで、前かがみになる姿勢を続けていませんか?

座っている時間が長いと、どうしても猫背になりがち。猫背になると腹筋がゆるんでしまい、ぽっこりお腹になるだけではなく、全身の血のめぐりを悪くする可能性が。その結果、お肌に必要な栄養素がすみずみまで行き渡りにくくなってしまいます。

正しい姿勢は?座っている時は、肩を少し後ろに引いて、肩甲骨をキュッと内側に引き寄せて、背筋を伸ばして。お腹もキュと凹ませると◎。また頬づえをつく癖や、足を組む癖にも注意!

アンバランスな姿勢を長時間続けていると、体の歪みなどにつながってしまいます。

NG習慣3:お酒の飲み過ぎ!

適量ならお酒は健康にも美容にも良いといわれていますが、飲み過ぎてしまうとお肌に悪い影響が。なぜ飲み過ぎると、悪影響なのでしょうか? アルコールには血液内の水分を血管の外に出してしまう作用があります。よくお酒をたくさん飲んだ翌朝、顔や足がパンパンにむくんでしまうのはこのため。またアルコールを分解する際には、老化のもと「活性酸素」が発生するので、シミ、シワなどエイジングサインを増やす原因にも。飲み過ぎると老化を促進してしまうというので注意したいですね!

お酒の適量は?「お酒は適度に」といわれても、どれくらいが適量なのかよくわからないものです。社会法人アルコール健康医学協会によると、一般的には2単位を限度にすると良いそう(1単位はビール中びん1本、日本酒1合、ワイン4分の1程度)。また毎日飲むのではなく、週2回ほどはお酒を飲まない日をつくることも大切です。

▽ 後編に続く

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理