1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. クローゼットの中を整理してみませんか?洋服収納を綺麗にして毎日をもっと快適に☆

クローゼットの中を整理してみませんか?洋服収納を綺麗にして毎日をもっと快適に☆

  • 2018.8.1
  • 36255 views

洋服の収納を上手にするにはどうしたらいい?

ついつい散らかりがちなクローゼット収納。おうちの収納の中でも、特に悩みが尽きない場所ですよね。

そこで今回は、上手に洋服を収納するコツをご紹介!ポイントを押さえれば、スッキリとしたクローゼット収納が完成しますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

まずはクローゼットにぴったりサイズの収納ケース探しから!

rie.dvlさん(@____rie.dvl____)がシェアした投稿 -

まずクローゼットの幅と高さを計って、シンデレラフィットする収納ケースを探します。ハンガーを掛けるスペースが欲しい場合は、その部分も計算しましょう。

クローゼット内の空間を無駄なく使えるよう、まずは事前の準備が大切です。

収納ケースのサイズに要注意

yukaさん(@yuka3246)がシェアした投稿 -

衣装ケースを使う場合、ついたくさん収納ができる大きくて深いものを選びたくなってしまいますよね。

しかし深いものは、洋服を深いサイズに合わせて綺麗に畳まなくてはいけないため、畳み方も複雑で面倒に。毎日の収納には使いづらいものです。

そのため、衣装ケースは浅いものをチョイスすると良いですよ。

奥行きがあっても良いですが、あまり大きすぎると奥の方のものは使わない…といった事にもなりかねません。

40cmくらいの奥行きのものを選ぶと使い勝手も良いでしょう。

ハンガーを掛ける場所、収納ケースを置く場所を決めよう!

こずこずさん(@kozu_tani_inside)がシェアした投稿 -

ハンガーに掛けておきたいアウター、収納ケースにしまっておきたい洋服などを分けて、何がどのくらいあるのか把握しておきましょう。

そうすることによって、ケースはどのくらい必要なのか、どういったケースが欲しいのかなどが見えてきます。

えりかさん(@penta_room)がシェアした投稿 -

サイズが大きめの衣装ケースにはこんな風にまとめて入れておけば、衣替えはほとんどなしでそのまま使用できますね。

一つの衣装ケースに全部入らない場合、半袖、長袖、インナーの衣装ケースと分けておくだけでも、年間を通してそのまま使えるので便利です。

ボトム類はハンガーで収納!

emiさん(@emiyuto)がシェアした投稿 -

ズボンやスカート類は、S字フックにベルト部分を引っ掛けて収納してみましょう。シワにもなりにくく、全体図が見えるのでコーディネートがしやすくなりますよ。

衣装ケースの中を間仕切るのは基本

mai ˹simplelife˼さん(@_____mai.3)がシェアした投稿 -

大容量の衣装ケースはとても便利ですが、使っているうちに中がごちゃごちゃしてくるのは衣装ケースあるあるです。

画像のように洋服と洋服の間に仕切りを作ってあげると、散らかりにくいですよ。ブックエンドや小さなカゴをいくつか使って区切るのも◎

素敵な収納ケースで「散らかしてはいけない感」を出す

keiko Satoさん(@asasa0509)がシェアした投稿 -

衣装ケースをそのまま使っても良いですが、こんな風に可愛いワイン箱を活用して収納するのも素敵ですね。

お気に入りの見た目の収納は、散らかす事に抵抗が出てきます。自分好みの収納ケースを用意してみては?

kana◡̈さん(@yuukn14)がシェアした投稿 -

蓋付きのケースを使う場合、上が透明ビニール製のものだと中身が透けて確認しやすいですね。

毎度しっかり蓋をする癖をつけることで、蓋がしまらないくらい散らかるのを防止できるという効果も。

スペース確保に収納扉を外してしまうという手も

ひろさん(@hinahiyomom1017)がシェアした投稿 -

押入れの中をタンス代わりにすると目隠しにもなってとても良いですが、あえて押入れの扉を閉めないことで、大きめな収納ボックスを置くことができるように。

また、いちいち扉の開け閉めをしなくて済むので、洋服も出し入れしやすいですね。

子供でも、一目でどこに何があるのか分かるように

かなさん(@nabeka2016)がシェアした投稿 -

子供にも自分の洋服くらい片付けられるようになってほしい!とは思うものの、まだ小さいお子さんには、どこに何があるのか把握しきれないかもしれません。

こんな風に分かりやすいラベルを作ってケースに貼ってあげると、どこに何があるのか覚えられそうですよね。

なるべく衣装ケースは低めに置き、子供でも手が伸ばせるようにするのがポイント!

ゆうこさん(@slow.life.works)がシェアした投稿 -

子供の服は、いっそのこと見える位置に全て置いて、自分で選ばせたり片付けさせるというのも一つの方法です。その際、なるべく数は少なめにするのがポイント!

保育園などで使う洗い替えは一箇所にケースなどにまとめましょう。

このようにお洋服屋さん風に置いておくのは、休日用やおしゃれ着など厳選したものだけにしておくと、大人も楽ですよ。

畳み方にも工夫を!

靴下やハンカチは、ただ丸めただけにするとつい溢れてしまいがちですし、衣装ケースの中でコロコロと転がってしまいます。

なるべく裏返して丸める方法はとらず、このように綺麗に折り畳んでからしまうとすっきりして収納力も上がります。

Mariさん(@lovehome_5)がシェアした投稿 -

シーズンオフのものを畳んで収納をして置く際、便利なのがコピー用紙。やり方はとっても簡単ですよ。

背中側を上にして洋服を広げて置く。 背中側の上部真ん中にA4コピー用紙を置く コピー用紙の幅に合わせて袖を折る 収納したいケースの高さに合わせて裾を折って出来上がり!

シワがつきにくく、何がどこにあるのか一目で分かるのでとてもおすすめです。ピシッとしまわれたシャツはとても気持ち良いですね。

服の数はあまり増やさない努力を

fuminco*さん(@ie_koto)がシェアした投稿 -

よくよく洋服タンスを漁ってみると、明らかに流行が過ぎてしまったものや、サイズアウトしてしまったものが残っていませんか?

服はたくさん持っていると安心ですし、捨てたくない気持ちもよく分かります…。しかし収納上手の基本は、ものを増やさないこと!

一枚買ったら一枚捨てるを目標にし、洋服の数はあまり増やさないよう心がけるようにしましょう。

クローゼットをお気に入りの空間に

Manaさん(@manataro.500)がシェアした投稿 -

まるでクローゼットの中がお店のような一角に。クローゼット内の壁紙と味のある棚が、雰囲気作りにより貢献しているように思えます。

こんな風に、お気に入りのものだけを厳選して自分好みに飾るのも素敵ですね。クローゼットを開けるのが毎日楽しみになりそう!

まとめ

洗濯物をしまう時でさえ、なんだかうんざりしていたクローゼットも、整理整頓ができていると不思議とワクワクした気持ちになります。

綺麗にしておくポイント、「物を少なくしておく」ということ。本当に大好きな服やよく使う服だけを残して、使い勝手のよい洋服収納を目指していきましょう。

オリジナルサイトで読む