1. トップ
  2. お仕事
  3. 一度に名刺を複数もらったときどうする?正しい名刺交換マナー

一度に名刺を複数もらったときどうする?正しい名刺交換マナー

  • 2018.8.1
  • 3716 views

ビジネスは名刺交換からスタートします。名刺交換のときに逆さまに名刺を差し出してしまったり、名前を名乗らないまま名刺を渡してしまった……などの失敗談は尽きないもの。

初対面の印象はいつまでも残ってしまうので、スマートな名刺交換を心がけたいですよね。

そこで今回は、マナー講師の経験をもつ筆者が、名刺交換の基本マナーをご紹介します。

 

名刺交換のポイント

名刺交換をするときは、会社を代表するような気持ちで行なってください。

まず取引先などに訪問した場合は、自分から名刺を渡します。名刺交換をするときは必ず立ち上がって目上の人から先に、両手で名刺を差し出しましょう。

次に、来客との名刺交換は相手から先に名刺をもらいますが、その場合は受け取ったあとで「申し遅れましたが」と一言添えると好印象です。

名刺の渡し方

名刺は目下の者、または訪問した側が差し出すのがマナーです。

名刺は相手が読める向きにし、胸の高さくらいの位置で持ち、差し出します。

名刺入れに乗せて渡すのもOKです。このときに社名と名前をフルネームで名乗ることをお忘れなく。

(1)目上の人に先に渡す場合

相手が複数の場合は役職が上の人から先に名刺を渡します。役職がわからない場合は上座の人から順に渡します。何人いても渡すたびに名乗りお辞儀をするのがマナーですので、横着しないようにしましょう。

(2)同時に交換する場合

右手で自分の名刺を差し出しながら、同時に相手の名刺を左手の名刺入れの上で受け取るようにします。右手が空いたらすぐに両手で名刺を持ち直しましょう。

受け取った名刺の置き方

1枚であれば、名刺入れの上に置くのがいいでしょう。いただいた名刺はすぐにしまわず、名刺入れの上に置きましょう。

相手の名前が聞き取りにくかったときは「〇〇様とお呼びしてよろしいでしょうか?」と尋ねます。

目の前で名刺にメモ書いたり手で弄ぶのは絶対にNGなので気をつけましょうね!

複数枚の場合はテーブルへ

複数の人と名刺交換をした場合は、まず名刺入れを手前の右側に起き、名刺入れの前にいただいた名刺を並べます。並べるスペースがないときや、立ち話のときはしまってもOKです。

着席している順番と同じに名刺を並べると、顔と名前が一致しやすくおすすめですよ。

 

名刺は社会人の顔です。汚したり折れたりしないように名刺入れにきちんと入れ、補充も忘れないようにしましょう。重要なタイミングで名刺を切らして冷や汗……なんてことがないように、普段から注意しておきましょう。

文/前濱瞳 画像/PIXTA(ピクスタ)(saki、EKAKI、aijiro、masa、bee、CORA)

オリジナルサイトで読む