1. トップ
  2. ファッション
  3. 香取慎吾×祐真朋樹の新ショップ「ヤンチェ_オンテンバール」東京・帝国ホテルプラザにオープン

香取慎吾×祐真朋樹の新ショップ「ヤンチェ_オンテンバール」東京・帝国ホテルプラザにオープン

  • 2018.8.1
  • 2797 views

香取慎吾×祐真朋樹の新ショップ「ヤンチェ_オンテンバール」東京・帝国ホテルプラザにオープン

香取慎吾とスタイリスト祐真朋樹の2人が手がける新ショップ「ヤンチェ_オンテンバール(JANTJE_ONTEMBAAR)」が、2018年8月25日(土)に東京・帝国ホテルプラザ1階にオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

香取慎吾と祐真朋樹がショップをディレクション

大のファッション好きとして知られる香取慎吾と、そのスタイリングや香取の書籍『服バカ至福本』での対談など、普段から親交の深い祐真朋樹による新プロジェクトは、これまでにない新たなショップのディレクション。

いつも“ワクワク弾けている”ショップに

ユニークなショップ名は、それぞれ“やんちゃ坊主”と“おてんば娘”の語源になったというオランダ語のヤンチェ(JANTJE)とオンテンバール(ONTEMBAAR)を組み合わせたもの。今まで見たことのない「PPP SHOP(PERMANENT POP-UP SHOP=いつもワクワク弾けているショップ)」をコンセプトに、セレクトショップでもブランドでもない、常に何かが進化している場所を目指すという。

香取と祐真が紹介、注目商品をピックアップ!

シーズンアイテムは全て限定品で、香取のアート作品をパーツの裏地に活かしたサンヨー(SANYO)のコートやマインデニム(MINEDENIM)の別注デニム、ヴァジック(VASIC)のバッグ、いわゆるダブルネームでの展開はブランド初となるボルサリーノ(Borsalino)のハットなど、ここでしか手に入らないラインナップが魅力。制作秘話とともに、2人がアイテムのおすすめポイントについて語ってくれた。

サンヨー

サンヨーとともに作ったのは、ラグランスリーブのオーバーサイズコート。メンズ・ウィメンズともにサイズを用意した。コートには、香取が描いたアートをそのまま使用している。

祐真:サンヨーさんのものだけじゃなく、「ヤンチェ オンテンバール」では慎吾ちゃんのアートと、2人がいいなと思っている洋服とをくみあわせて商品をつくろうと思っていました。だから、慎吾ちゃんの絵を服に使いたいというのは決定事項で。そして、そのなかでもコートの裏地に使うというイメージは固まっていました。

香取:最初描いたのは、(マインデニムに使われている絵)『その先へ』だったんです。でもなんとなくコートとは違うかなと思って、(実際にコートに使った)『一笑懸命』に少してを加えて描いてみたんです。結局2枚を持っていったら、スケさんが『その先へ』はマインデニムに、『一笑懸命』はコートに使おうと。

祐真:でも話を進めていくうちに、いつの間にか、裏地のはずがリバーシブルでいこう!ってなっていましたね(笑)。

香取:最初にカーキのコートの裏地だって決めて、じゃあそれの色違い作ろうってなって…。そのあとは「じゃあチェックもほしくない?」「カラフルもいいけどモノクロにしてみない?」「モノクロとカラフルのリバーシブルはレディースじゃない?」みたいな。“これいいね!”が派生して、全部かたちになりました(笑)。

ちなみにメンズのチェック柄だけなんですけど、内側にボタンが付いていて丈調整ができます。コートの長さを決めるとき、内側に折ってどれぐらいがいいか考えていたのですが「ボタン付けたらどっちでもいけるじゃん!」っていうひらめきが形になりました。これも完全に“これいいね!”の思いつきなんです。

マインデニム

マインデニムは、2人に加えてブランドのディレクションを務めるスタイリストの野口強も交えて、商品デザインを決定していったそうだ。

祐真:強さんのアドバイスを受けながら商品デザインをどうしようかという話を進めていきました。慎吾ちゃんのアートは絶対入れたかったのですが、2人とも強さんに無理難題なことばかり言うので、それがどこまでできるかというすり合わせをしていきました。

香取:デニムの裏地に使ったアートは、さっきも言ったように最初はコートに使おうとしていたものだったんですよ。でもコートには使えないかなって思ったから、落書きしたんです。それが逆にデニムで生きてきてきたんです。

ステア

ステアとのコラボレーションでは、エレガントなブラウスやジャカードのスカートなどを揃えた。その中でひときわ目を惹くのは、東京の夜景を捉えたスカート。これは、香取自身がスマートフォンで撮影したものを用いたものだという。

香取:スカートをつくる前、ステアさんの既存商品の中で写真を転写してスカートにしているものを見たんです。僕もやってみたいと思って尋ねたら、「できますよ」と回答をいただけて。

使ったのは、六本木ヒルズの展望台から撮った写真。しかも、自分がいつもインスタグラムで写真をアップするときに使っている加工アプリで色を加工したものなんですよ。写真を撮った同じ日、東京タワーをバックにした写真を、実際に僕のインスタグラムにアップしているんだけど、僕のアカウントを見てくれている人なら気づくんじゃないかな。

ボルサリーノ

ファッション小物でもっとも注目したいのは、ボルサリーノのハットだろう。なお、ダブルネームでの展開はブランド初のことだ。

香取:僕自身も帽子は普段からしょっちゅう被りますし、帽子は欲しいなというのは思っていました。そしたら、スケさんがボルサリーノさんに聞いてみようって言ってくれて。やってくださると回答をいただけた時は驚きました。

祐真:2人の中で、帽子はあった方がいいなっていうイメージが、漠然とありました。そのなかでもやはり、帽子ならばボルサリーノさんにお願いしたいなと。慎吾ちゃんにも相談して、実際にボルサリーノさんに電話してみたら承諾をいただけて。今後も、もっと深くやっていけたら嬉しいですね。

そのほかオリジナル商品、コスメアイテムなども展開

なお、店頭にはアパレルだけでなく、タオルやコスメ商品などの雑貨類も取り扱う。加えて、オリジナル商品としてポーチやタンブラーもラインナップ。タンブラーには、ブランドのロゴだけでなく香取の作品『その先へ』に描いた“落書き”も小さく添えられている。

2人が抱くショップへの想い

香取:ファッションの楽しみを僕に教えてくれたスケさんと、いつもワクワクが止まらない場所になれるパーマネントポップアップショップを作ることになりました。期間限定じゃないショップの始まりです!

このお店は、2人の思いつきと、“これいいね!”が重なって形にいったお店。服を買いにくる感覚ではなく、遊びにくる感覚で是非来ていただきたいですね。そして、いくつになっても、“やんちゃに”ファッションで遊んでいてほしいです。

祐真:ずっとサプライズのある“永遠のポップアップショップ”、とにかく楽しいお店をつくりたいと思って、今回のショップをオープンしました。様々な方の協力を経てかたちにになりましたが、全部ここにしかないものです。それは実際に足を運んでもらえれば分かると思います。

慎吾ちゃんとまた新たなプロジェクトにチャレンジできるのが何より嬉しいですし、皆さまに楽しんで頂けて、僕たち自身も目いっぱい楽しめる、そんな店を少しずつ作って行こうと思っています。だから、今後の展望も決まりきった感じはなく、実際僕たちも、これからどうしたいというのははっきり決め切っていません。その時々に楽しい事があるショップにしたいですね。目指すのは長〜く愛し・愛される店です!

店舗情報

「ヤンチェ_オンテンバール(JANTJE_ONTEMBAAR)」
オープン日:2018年8月25日(土)
場所:帝国ホテルプラザ1F
住所:千代田区内幸町1丁目1-1
営業時間:11:00〜19:00

<取扱ブランド例>
サンヨー(SANYO)
■サンヨーコート
メンズ:コットンギャバジンコート1型、 ウールコート2型 計3型 105,000円 + 税 ~155,000円+税
レディス: コットンギャバジンコート1型、 ウールコート2型 計3型 100,000円 + 税 、140,000 円 + 税
受注期間: 2018年8月25日(土)~9月24日(月・祝)※予定
マインデニム(MINEDENIM)、ヴァジック(VASIC)、ボルサリーノ、ステア ほか

オリジナルサイトで読む