1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らしを清涼感のある「ガラス」で彩る♪5人のガラス作家が作る器や小物をご紹介

暮らしを清涼感のある「ガラス」で彩る♪5人のガラス作家が作る器や小物をご紹介

  • 2018.8.1
  • 15645 views

「暑い夏の食卓にガラス食器が清涼感をプラスする。」「水の揺らぎを感じられる透明なガラス花器がお部屋を爽やかに仕上げる。」

夏の暮らしを「ガラス」は心地よく彩ってくれます。丁寧に作られたガラスアイテムを使うと、その美しさに引き込まれるはず。

今回は、5名のガラス作家さんの作品とコーディネートアイデアをご紹介します。作家さんの個性と、丁寧な物作りをぜひ楽しんでください。

暮らしを清涼感のある「ガラス」で彩る

ガラス作家”蠣崎マコト”さんの作品

acoknackさん(@acoknack)がシェアした投稿 -

蠣崎マコトさんは、香川県高松市に工房を構えるガラス作家さんです。

こちらの写真では、両口グラスを花瓶にして使用しています。

ダイニングにさらっと置くだけで清涼感のある空間に仕上がりますね。

acoknackさん(@acoknack)がシェアした投稿 -

こちらは、蠣崎マコトさんが作ったハゾリ小鉢です。

美しい曲線でデザインされたフォルムがとてもキレイです。

acoknackさん(@acoknack)がシェアした投稿 -

こちらの写真は、先ほどご紹介した両口とハゾリ小鉢を使った食卓コーディネートです。

食材を引き立てる透明な質感で、涼しげなテーブルコーディネートに仕上がっています。暑い夏でも美味しく食事が楽しめそうです。

mokoさん(@mokosoleil)がシェアした投稿 -

シャープなワイングラスが蠣崎さんの作品です。

シンプルですが、洗練されたフォルムでどこから見ても美しい形に惹かれてしまいます。

yukoさん(@yuko_casa)がシェアした投稿 -

蠣崎マコトさんの作品の中で、とても人気のあるランプシェード。

ほのかな灯りが広がるガラス製のランプシェードは、蠣崎さんだからこそ作れる美しい一品です。

ガラス作家”辻和美”さんの作品

mamuさん(@m035_kurashi)がシェアした投稿 -

辻和美さんは、石川県金沢市に工房を構えるガラス作家さんです。

辻さんの作品の中でも人気の「てんてん」のプレートは、透明なガラスにアクセントになる水玉模様が特徴のガラス器です。

asumiさん(@cuppy416)がシェアした投稿 -

こちらは、「てんてん」のグラスを使ったテーブルコーディネートです。

シンプルな食卓でも、どこかオシャレな雰囲気をプラスしてくれるガラス食器です。

mokoさん(@mokosoleil)がシェアした投稿 -

飲み物だけでなく、こちらのようにヨーグルトやフルーツなどを盛りつけても素敵です。

程よいサイズ感で使い勝手が良いのも魅力ですね。

mamuさん(@m035_kurashi)がシェアした投稿 -

夏はレモンを沿えて、爽やかなティータイムはいかがですか?

ガラスの透明感が、より清涼感のあるテーブルを作ってくれます。

Takakoさん(@taka0taka0taka0)がシェアした投稿 -

キレイな色ガラスのアイテムも、辻和美さんならではの作品です。

こちらでは、鮮やかなイエローのグラスにお茶を注いでいます。

こんなビタミンカラーのガラスからは、なんだか元気をもらえそうですね♪

ガラス作家”河上智美”さんの作品

河上智美さんは、茨城県常総市に工房を構えるガラス作家さんです。

河上さんの作るガラスは、美しい模様が施されており、光を通してできた影まで楽しめます。

透明なガラスはもちろん、カラーガラスも上品なたたずまいです。

河上さんの作るガラスは、陶器とも相性が良く、テーブルを彩ってくれます。

夏だけでなく、オールシーズン使いたくなるようなガラス食器に出会えます。

ゆるりゆらみさん(@yururiyurami)がシェアした投稿 -

木製プレートに陶器の器、そして河上さんのガラス食器と、様々なアイテムが交じり合ったテーブルコーディネートですが、それぞれの良さを引き出しながらなじんでいますね♪

ガラス作家”八木麻子”さんの作品

mamuさん(@m035_kurashi)がシェアした投稿 -

八木麻子さんは、東京都台東区に工房を構えるガラス作家さんです。

八木さんの作るガラスアイテムは、ちょっとユニークで可愛らしく、アートのような雰囲気です。

こちらの写真では、イエローの花小皿をフォーク置きに使用しています。

mokoさん(@mokosoleil)がシェアした投稿 -

こちらの写真では、イチジクとカマンベールチーズを乗せたストライプ柄の器が八木さんの作品です。

ガラスだからこそ表現できる色を大切にしながら、作品を作っているそうです。

mokoさん(@mokosoleil)がシェアした投稿 -

こちらは、先ほどのストライプの器と、ブルーの花型箸おきにフォークを添えて、洋食モーニングの食卓風景です。

洋食にも難なくなじむ八木さんのガラスアイテムは、どこかモダンな印象を感じます。

ガラス作家”津村里佳”さんの作品

ゆるりゆらみさん(@yururiyurami)がシェアした投稿 -

津村里佳さんは、千葉県に工房を構えるガラス作家さんです。

津村さんの作るガラス作品は、洗練された美しい佇まいに、思わずため息が出てしまうほどです。

こちらは、津村さんの代表作ガラスドームです。美しいだけでなく、取っ手の持ちやすさなど使い勝手にもこだわっています。

asumiさん(@cuppy416)がシェアした投稿 -

こちらは、小さなサイズのガラスドームにお茶菓子を添えてコーディネートしています。小さくても、その存在感は抜群です。

@miaramamがシェアした投稿 -

津村さんは、ガラス食器だけでなく花器も多く作っています。

こちらの写真の花器も津村さんの作品です。繊細なガラスが、花をより美しく飾ってくれます。

@miaramamがシェアした投稿 -

こちらも津村さんの花器です。斜めのフォルムが珍しく、また空間に立体感をプラスしてくれます。

一輪の花を挿すだけで、オシャレな演出が可能です。

まとめ

5人のガラス作家さんの作品とコーディネートアイデアをご紹介してきましたが、気になる作家さんは見つかりましたでしょうか?

それぞれの作家さんの個性やガラスの質感を楽しみながら、自分の気分になじむ作品を見つけてみてくださいね。

元記事を読む