万年ダイエッターから卒業!守って欲しいたった3つのルール

「ダイエット中だから…」と、食べたいものを我慢しているのに、思うように成果が出ない……なんてことになっていませんか? ただ痩せることを目的にせず、健康で美しい身体を作ることを目的に、ちょっと意識を変えるだけで万年ダイエッターから卒業できるかも知れませんよ。

■万年ダイエッターから卒業する3つのルール

(1)依存性の高い食品断ち

油で揚げたスナックや、お砂糖たっぷりの甘いお菓子を一度食べ出すと止まらなくなった経験はありませんか? 油や甘味は、脳の報酬系と呼ばれる部分を刺激して、一時的に快楽物質が分泌され脳が興奮するそう。そのため、依存性が高く、ストレスや疲れを感じた時についつい油ものや甘いものに手が伸びてしまうのです。

カロリーゼロの人工甘味料もNG。米バデュー大学の研究によれば、人工甘味料は身体や脳内の仕組みを混乱させ、余計に空腹感を感じたり、甘いものが食べたくなる衝動をおこさせるそうです。また、カロリーゼロだから大丈夫! と依存してしまう可能性もありますから要注意!

依存性の高いスナック菓子や甘いお菓子が食べたくなったら、ナッツやドライフルーツ、高カカオチョコレートを味わって食べる習慣をつけましょう。

(2)「食べる=美を作る」と考えをチェンジする

私たちの身体は、食べたもので作られています。ですから、食べることは太ることではなく、「健康で美しい身体を作ること」。今食べているものは空腹を満たすためのものではなく、「自分の身体を作るもの」と思えば、自然と身体に優しい食べ物を選べるようになれますね!

(3)カロリー信仰を捨てる

食べたものが身体の中で脂肪になるのか、エネルギーとして消費されるのかはカロリーだけでは推し量れません。同じカロリーであっても、タンパク質は摂取カロリーの約30%がDIT(食事誘発性熱生産)として消費されます。一方、糖質や脂質は約6~4%としかDITとして消費されません。カロリーが低い=脂肪として蓄積されにくい、という図式にはならないのです。

また、同じ脂質でも、肉の脂はバターなどの飽和脂肪酸は体脂肪として蓄えられますが、オレイン酸やα―リノレン酸、DHAなどの不飽和脂肪酸は、エネルギーとして消費されたり、細胞や組織を作ります。

油も、体にいいオメガ3系の亜麻仁油やエゴマ油、代謝が早いココナッツオイルなどのいい油を選んで摂り、代謝の良い身体を作りましょう。

ダイエットは辛いものではなく、美味しく食べて健康と美を作るのが基本。誰のためでもない自分のために、食生活を見直し、万年ダイエッターから卒業したいですね。

(岩田麻奈未)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理