1. トップ
  2. メイク
  3. 「SHISEIDO メイクアップ」カラーメイクをフルリニューアル、4つの質感でマルチユースコスメ多数

「SHISEIDO メイクアップ」カラーメイクをフルリニューアル、4つの質感でマルチユースコスメ多数

  • 2018.7.31
  • 14250 views

「SHISEIDO メイクアップ」カラーメイクをフルリニューアル、4つの質感でマルチユースコスメ多数

SHISEIDO(資生堂)のカラーメイクアイテムがフルリニューアル。装いも新たに新生「SHISEIDO メイクアップ」全124種・用具6種が2018年9月1日(土)より世界各国で順次発売される。

undefined
www.fashion-press.net

124アイテムをフルリニューアル

リニューアルの最大のポイントとなるのは、日本発SHISEIDOならではのテクスチャー。スキンケアのように繊細であること、そして軽いつけ心地であることにこだわった。また従来のように目元、口元といった顔のパーツではなく、テクスチャーによって商品分け。アイテムはジェル(GEL)、デュウ(DEW)、インク(INK)、パウダー(POWDER)の4つの質感でカテゴライズされている。

ジェル(GEL)

ジェル(GEL)からは「SHISEIDO ヴィジョナリー ジェルリップスティック」がラインナップ。水が弾けるような軽いつけ心地でほんのりツヤのあるセミ・サテンの仕上がりを実現した。唇にひと塗りすればクリアに発色、またにじみにくいいロングウェア処方で美しさが長時間続くのが特徴だ。カラーは全28色。

同じくジェルから「SHISEIDO カラージェル リップバーム」が登場。リップスティックよりも保湿効果の高いリップバームは、唇にうるおいをもたらしてくれる。またとろけるようなつけ心地で透明感と輝きを口元にプラス。カラーは全10色がラインナップする。

デュウ(DEW)

デュウ(DEW)からは、肌、目もと、唇どこにでもOKな「SHISEIDO オーラデュウ プリズム」が発売。新感覚のテクスチャーは、肌にとけこむように馴染み輝きをもたらしてくれる。指で適量をとり頬骨上にたたたきこめばハイライトに、まぶた全体になじませればアイシャドウに、口紅の上から重ねればトップコートに。これ1本でマルチに活躍してくれる。

インク(INK)

インク(INK)からは、アイシャドウ・アイライナー・アイブロウと1本で3役担うマルチペンシル「SHISEIDO カジャルインクアーティスト」がデビュー。クリーミーなテクスチャーで肌にすっと伸びるので繊細な線も自在に描ける。また、鮮やかな発色を保ちながら、ぼかしてアレンジすることも可能。カラーを重ねても厚ぼったくならないので、様々なアイメイクが楽しめそう。

パウダー(POWDER)

パウダー(POWDER)からは、ホイップ状のムースのような「SHISEIDO ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ」が展開。新感覚のテクスチャーは肌にのせるとパウダーにチェンジ。溶け込むようにのび、なじみ自然な血色感を与えてくれる。

また、独自のパウダークリーミーな質感の「SHISEIDO モダンマット パウダーリップスティック」も登場する。「SHISEIDO ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ」同様に、唇の上にのせる質感が変化。とろけてマットに代わりピタッと均一にフィット。何もつけていないような軽い感触で、美しい仕上がりが1日中続く。

赤ラインがポイントの新パッケージ

パッケージはブラックを基調にしたスリムなシルエット。漆のような赤いラインがスッとひかれており「モダン ジャパン」をテーマにした、和のエッセンスを取り入れた佇まいとなっている。

メイクアップアーティストによるセミナーも開催

さらに銀座の「シセイドウ ザ ストア(SHISEIDO THE STORE)」では、メイクアップアーティストが新アイテムの使いこなし方を伝授するメイクアップサービスや、テーマごとに行うセミナーなどが期間限定で開催される。

エクスペリエンスメニューでは、品揃え豊かな新「SHISEIDO メイクアップ」の中から自身にぴったりの2品をチョイス。メイクアップアーティストがその2品を使用してメイクアップをする。

フルメイクアップメニューでは、メイクアップアーティストが4つの質感アイテムを駆使し、新しい美しさを引き出すフルメイクを提案。

2018年9月1日(土)と8日(土)の2日間行われるエクスペリエンスセミナーは、ジェル、デュウ、インク、パウダーの異なる質感ごとに開催。それぞれのテーマアイテムを使用し、メイクアップアーティストによるデモンストレーションと、その質感を使いこなすための実習が行われる。

写真撮影が楽しめる“入場無料”のアート空間が原宿に

また、東京・原宿には、SHISEIDOの新メイクアップの世界観を体感できるアート空間「SHISEIDO POP UP “be an ARTIST MUSEUM”」が、2018年9月8日(土)、9日(日)の2日間限定で出現。入場無料でタッチ&トライコーナーでは、新メイクアップアイテムをお試しできる。

また、高橋愛・三吉彩花・ラブリなどが参加したオフィシャルムービーやビジュアルも展示。ビジュアル撮影時に使用したスタジオセットを再現したフォトスポットも登場するので、写真撮影を楽しむこともできる。

【詳細】

「SHISEIDO メイクアップ」
発売日:2018年9月1日(土)より順次発売
取り扱い店舗:全国のデパートを中心とした約320店と資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」
※伊勢丹新宿本店では2018年8月15日(水)より先行発売
※阪急うめだ本店では2018年8月22日(水)より先行発売
<アイテム例>
・SHISEIDO ヴィジョナリー ジェルリップスティック 全28色 各3,600円+税
・SHISEIDO カラージェル リップバーム 全10色 各3,500円+税
・SHISEIDO オーラデュウ プリズム 全3色 各3,600円+税
・SHISEIDO カジャルインクアーティスト 全10色 各2,200円+税
・SHISEIDO ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ 全8色 各4,000円+税
・SHISEIDO モダンマット パウダーリップスティック 全24色 各3,600円+税

■新「SHISEIDO メイクアップ」エクスペリエンスメニュー
開催期間:2018年9月1日(土)~30日(日)
開催場所:SHISEIDO THE STORE 1階 STYLING BAR
料金:15分1,000円+税
予約方法:店頭予約受付
■新「SHISEIDO メイクアップ」で仕上げるフルメイクアップメニュー
開催期間:2018年9月1日(土)~11月13日(火)
開催場所:SHISEIDO THE STORE 3階 BEAUTY BOOST BAR & PHOTO STUDIO
料金:50分6,500円+税
予約方法:店頭電話予約(TEL:03-3571-1444)
■新「SHISEIDO メイクアップ」エクスペリエンスセミナー
開催場所:SHISEIDO THE STORE 4階 SHISEIDO THE TABLES
・2018年9月8日(土) 11:00~12:30開催
テーマ:POWDERS
商品:ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ
参加費:4,800円+税
・2018年9月8日(土) 15:00~16:30開催
テーマ:INKS
商品:カジャルインクアーティスト
参加費:3,000円+税
SHISEIDO THE STORE 住所:東京都中央区銀座7-8-10
※女性限定セミナー
※定員各回20名に達し次第締め切る。
※参加費には新「SHISEIDO メイクアップ」テーマアイテム商品代金とドリンク代込み。
※予約はhttp://thestore.shiseido.co.jp/article/1553/?rt_pr=trb83にて受付。

■SHISEIDO POP UP “be an ARTIST MUSEUM”
開催期間:2018年9月8日(土)、9日(日) 11:00~20:00
会場:原宿 CASE B
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-26
料金:入場無料

【問い合わせ先】
資生堂インターナショナル問い合わせ先
TEL:0120-81-4710

元記事を読む