1. トップ
  2. 篠原涼子が整形希望!?広瀬すずと同じ役で仰天発言!90年代のマル秘エピソードも

篠原涼子が整形希望!?広瀬すずと同じ役で仰天発言!90年代のマル秘エピソードも

  • 2018.7.30
  • 279 views

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の完成披露試写会舞台挨拶が、7月30日に恵比寿のザ・ガーデンホールで開催され、篠原涼子や広瀬すずら女優陣と大根仁監督がレッドカーペットを歩いた。篠原は、自分の役・阿部奈美の高校生時代を広瀬が演じるということで「放送できないと思うのですが…」と前置きしたあと「広瀬すず似の整形をしてくださいと言いに行こうと思いました」と言って、会場の笑いを取った。

【写真を見る】篠原涼子、広瀬すずら11人の女優陣がテーマカラーのドレスで登壇

篠原は「それか監督に『CG加工でお願いします』と、本気で思いました」と続けると、また、会場は大爆笑。篠原は、広瀬について「本当に申し訳ないと思うくらいかわいいじゃないですか。お人形さんみたいで」と言うと、広瀬は「いやいや」と恐縮する。

広瀬は「私も、大人になった奈美が篠原さんと聞いて。はじけた役でもあるけど、どうやったら篠原さんとつながるんだろう?というくらいはじけてしまって。本当に反省してます」と言うと、篠原は「大丈夫!なにをやってもかわいいから…」と笑顔で言った。

2人のキャスティングを提案した大根監督は「俺には本当に同一人物に見える」とプロデューサー陣をプッシュしたそうで、「皆さん、半信半疑だと思いますが、映画を観ると『なるほど、あいつが言ったことは正しかった』と(思うのではないかと)」とご満悦だった。

ドレスアップして舞台挨拶に登壇した女優陣は、篠原、広瀬、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生の11名。篠原たちは90年代のマル秘エピソードを、広瀬たち若手女優は当時のコギャルを“完コピ”した撮影秘話を明かし、会場を盛り上げた。

また、本作の音楽を小室哲哉が手掛けていて、劇中で篠原が「愛しさと切なさと心強さと」を歌うシーンもある。

篠原は小室と22年ぶりに仕事ができたことについて「すごく衝撃的な運命を感じました。私は1990年にデビューして、小室哲哉さんと出会って、歌がきっかけで、テレビとかに出させていただく形になったので。なんもお返しができないままだったので、また、こういう形でご一緒するってことは、本当に神様のお導きじゃないですが、すごくご縁を感じていますし、すごく感謝しています」と熱い想いを口にした。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』(11)を、『モテキ』(11)の大根仁監督が、90年代の日本を舞台にリメイクした青春映画。高校時代の仲良しグループが再集結していく姿を、J-POPや流行ファッションを散りばめて描く。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

元記事を読む