1. トップ
  2. レシピ
  3. 女子たちを虜にし続ける「桃モッツアレラ」を、ワンランク上の材料で作ってみた

女子たちを虜にし続ける「桃モッツアレラ」を、ワンランク上の材料で作ってみた

  • 2018.7.30
  • 1627 views
最高に優雅な気持ちになれる桃のサラダなだけに、自分で作ることが少し悲しくなるというオマケが!
KADOKAWA

【画像を見る】重要なのは「生の桃とレモン」そして「そこそこいいモッツアレラ」だ!

数年前にネットで流行った「桃モッツアレラ」をやりたくなる季節がやってきた。見るからにおいしそうで、オシャレすぎるビジュアル。桃が少~しお安くなった今が、決行のとき!「腰が抜けるほど美味い」と評判の「桃モッツアレラ」は、2007年に発売された、内田真美さんの料理本が広まったもの。ところがネットで広まったのが原因なのか、失敗例もチラホラ……。ネット上で「これはNG!」と特筆されているのが「桃の缶詰」「レモンリキッド」「バルサミコ酢」を使う事。正しくは「生の桃」「レモンの皮」「ワインビネガー」をきちんと使うことが、何より重要なのだとか。

実は随分前にやってみたときは、「美味しいけど、そこまでか?」というレベルだった。あれはきっと、200円代のお安いモッツアレラを使ったのが敗因……。そりゃいくら食材の相性が抜群でも、「あえるだけ」のレシピなのだから、当然といえば当然かもしれない。ここはやはり、巷をざわつかせるクオリティの味を追ってみたい!

【画像を見る】重要なのは「生の桃とレモン」そして「そこそこいいモッツアレラ」だ!
KADOKAWA

そこで買ってきたのが、約800円のモッツアレラ(我が家にとっては十分お高い)。これを手でちぎり、乱切りした桃とあえ、白ワインビネガー、オリーブオイル、塩コショウ、そしてすりおろしたレモンの皮をかければ完成。いいモッツアレラは安いモッツアレラと比べると、弾力は控えめ、そして風味のよさがすごかった! できあがった桃モッツアレラを口に入れると、ワインビネガーの爽やかさとモッツアレラのコクが絶妙に相性よく、甘くジューシーな桃の果汁が最後に口を洗い流す感じで、至福としか言いようがない。まさに「飲む」勢いで食べてしまった…! いい材料を、数倍美味しく食べるレシピは山ほどあるだろうが、これはやはり「手軽さ」も人気のポイントなのでしょう。優雅な気分を贅沢に満喫したい日の、とっておき夏レシピであることを、再認識させていただきました。(レタスクラブニュース)

元記事を読む