1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. ”仙台七夕まつり"がモデル「第68回福生七夕まつり」西多摩で、約2,000人浴衣パレードも

”仙台七夕まつり"がモデル「第68回福生七夕まつり」西多摩で、約2,000人浴衣パレードも

  • 2018.7.30
  • 684 views

”仙台七夕まつり"がモデル「第68回福生七夕まつり」西多摩で、約2,000人浴衣パレードも

東京・西多摩最大級のイベント「第68回福生七夕まつり」が、2018年8月2日(木)から5日(日)まで福生市で開催される。

undefined
www.fashion-press.net

「福生七夕まつり」は、”仙台七夕まつり"をモデルにした西多摩地域を代表する祭り。例年市内外から約40万人の来場者が訪れ、大きな賑わいをみせている。開催中は、商店街の各店舗で工夫が凝らされた豪華な竹飾りが街を彩り、七夕一色へと変容。2018年は「日本の誇り」をコンセプトに、4日間で様々なイベントを用意して会場を盛り上げる。

初日のオープニングセレモニーは、アイドルユニット「みらくる!わんだらんど」のステージから。また同日には、1年間市の観光PR大使を務める女性を選出する「七夕織姫コンテスト」が開催される。続く2日目には、約2,000人がそれぞれの浴衣衣装で民謡を踊りながら練り歩く「民踊パレード」が福生駅前をメインにスタート。色とりどりの衣装によって彩られたパレードは、会場に華を添えてくれる。

また3日目、4日目は、音大生や音楽制作チームらによるライブが開催されるほか、祭りにかかせない屋台が出店される。当日は、約80店舗の模擬店や15店舗のケータリングカーが会場中心に並ぶので、音楽を楽しみながら、バリエーション豊富な屋台フードを堪能することが可能だ。

なお会場では、女性限定で「浴衣レンタル」サービスも行っている。好きな色柄を選んで、日本の夏を満喫してみてはいかが。

【詳細】
「第68回福生七夕まつり」
開催日:2018年8月2日(木)~5日(日)13:00~21:00 ※雨天中止
会場:JR青梅線「福生駅」または「牛浜駅」下車すぐ
スケジュール:
8月2日(木)オープニングセレモニー「みらくる!わんだらんど」、「七夕織姫コンテスト」
8月3日(金)「民踊パレード」
8月4日(土)・5日(日)音楽ライブ、屋台&ケータリング

■浴衣レンタル
期間:8月4日(土)、5日(日)
会場:JR福生駅西口直結プチギャラリー2階
費用:1日6,000円
※キャミソール等のインナー、草履等の用意必要(ただし、別途費用で下着や草履、小物もレンタル可)
※返却無しで帰宅可

元記事を読む