1. トップ
  2. ダイエット
  3. 女性こそとりたい! 究極の高たんぱく質・低脂質食品、プロテイン

女性こそとりたい! 究極の高たんぱく質・低脂質食品、プロテイン

  • 2015.2.27
  • 1231 views

「プロテイン」と聞いて、みなさんはどんなイメージが浮かびますか? スポーツ選手や筋肉をつけたい男性が飲んでいるもの、普通の女性ダイエッターである自分には必要ないのでは......。そう思っていたとしたら大きな誤解です!
フィッテボディメイク部でもおなじみ、コンディショニング・トレーナーの桑原弘樹先生は「健康的なダイエットに取り組む女性たちも、ライフスタイルに上手にプロテインをとり入れてほしい」と提案します。
「プロテインの主成分とはすなわち、たんぱく質です。たんぱく質は人間の体の材料となるもの。たんぱく質が不足すれば体はだんだんと衰えてしまうので、体のエネルギー源である糖質・脂質とともに、大切な栄養素です。プロテインは、このたんぱく質を効率良くとりたいときにオススメです」(桑原先生)

毎日の食事に気軽にプロテインをとり入れて!

筋肉だけでなく、皮膚や血管など、体のあらゆる部分の材料であり、美ボディづくりにも欠かせないたんぱく質。
プロテインは、良質なたんぱく質だけを凝縮した、低脂質(実質0)の「食品」です。食品なので、毎日の食事に気軽に使うことができます。
たんぱく質は、肉・魚・卵・大豆製品などから摂取することができますが、食材によっては脂質もとってしまいますし、ふだんの食事で「たんぱく質だけをたくさんとりたい」と思っても、なかなか難しい場合も多いのでは。そんなときに活躍してくれるのがプロテインなのです。

プロテインはこのタイミングにとるのがオススメ!

では、そのプロテインを、具体的にいつどれだけ取り入れたらいいのでしょう?
【タイミング1】朝食時
「朝はいちばん食べなければいけないし、しっかり食べても大丈夫。1日かけてエネルギーをどんどん使うからです。でも残念ながら、朝は時間もないし、そうたくさんは食べられませんよね。ですから、パンでも果物でもヨーグルトでも、自分の食べやすいものをなんでもいいから食べるといい。その際に不足しがちなのがたんぱく質なので、プロテインを飲むことで補いましょう。ビタミンやミネラルも配合されているタイプを選べば、より理想に近い栄養バランスになります」(桑原先生)
忙しい朝に、その手軽さはうれしいですね。
【タイミング2】トレーニング後
「トレーニングというのは、筋肉に刺激を与えると言えば聞こえはいいですが、要するに筋肉を壊しているようなものなのです。だから、トレーニング直後は、その筋肉の材料であるたんぱく質を摂り入れるのに良いタイミングというわけですね」(桑原先生)
1回に飲むプロテインの量は、だいたい20~30グラムが目安とのこと。
これだけ優れたプロテインを、スポーツ選手だけのものにしておくのはもったいない!
女性ももっと活用していきましょう。
※ボディメイクのスペシャリスト、桑原先生による【フィッテボディメイク部】が、月に1度開催中! 第4回は、2015年3月12日(木)。美しくライトアップされた東京タワーの足もと、ラブスポ東京での開催です。お申し込みはこちら(http://fytte.jp/present/1502/12.php)から。

監修/桑原弘樹 文/鈴木みずほ

元記事を読む