1. トップ
  2. 恋愛
  3. 気になる彼から既読スルー。追撃する?しない?正解LINEはコレ

気になる彼から既読スルー。追撃する?しない?正解LINEはコレ

  • 2018.7.30
  • 18589 views

気になる彼から既読スルーされると、それだけでテンションがダダ下がりになってしまう女のコも多いはず。

そんなときには、“追撃する派”と“しない派”に分かれがちだけれど、恋愛上手になるためには、いったいどちらが正解だと思いますか?

今回は、人間分析を得意とする筆者が、追撃が功を奏するパターンとアダとなるパターンを解説していきます。

 

「追撃」したほうが正解なLINEって?

既読スルーされてしまったことに対し「どうして、返事をくれないの?」「忙しいの?」「ちゃんと読んでくれてる?」などと真正面から追撃してしまうのは、好きな男のコが相手なときほど避けたほうが確実。

これは、男のコからの「面倒くさいなぁ」を招きがちで、せっかくいい雰囲気になっていた関係でも「ウザい」しか残らないほど、破壊力のあるLINEです。

そこで“追撃したほうが正解な唯一のLINE”といっても過言ではないのが、直前に送信している話題が質問系だったケース。

たとえば、イベントへのお誘いだったり食事会への参加可否だったりを尋ねているのに「なかなか返事が来ない!」という場合には、さりげなく「どうですか?」「難しそうですか?」でやんわりと追撃するくらいなら、嫌味になりません。

ただしこの場合も、あまりにしつこく尋ね続けたり、厳しい口調で彼を責めたりするLINEになってしまうと、面倒な雰囲気が強くなります。あくまでも、“さりげなく”を貫いて。

追撃が「アダとなる」LINEって?

上述した“質問”の追撃以外のLINEは、いかなるときでも避けたほうが、功を奏するパターンは多いです。男のコには、基本的には追いかけられるよりも追いかけたい習性があるので、一方的なLINEがしつこく届くと、途端にテンションが下がってしまう人も少なくありません。

そのためむしろ、既読スルーされたらこちらも返事が届くまで放置しておくくらいのほうが、男のコが自発的にLINEを送りたくなる傾向が強いのです。焦りは禁物!

 

LINEの返事が届かないと、その理由を知りたくなってしまうのも女子の心理ですよね。

しかし追撃しまくってしまい、かえって嫌われた!なんてこともなきにしもあらずなだけに、焦って追いかけ過ぎない心がけが、LINEでもかなり大事になってくるのは間違いのないですよ♡

彼から既読スルーされてしまったとしても、焦らずじっくりとコミュニケーションを育んでみてくださいね。

文/並木まき 画像/PIXTA(ピクスタ)(shimi、kou、Ushico)

元記事を読む